Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

delirious thoughts

by Kentaro Kuribayashi

2015年9月1日

日記

天気悪し。しばらく前からこんなだけど、まだ続くみたい。涼しいのはいいけど。

朝のメディテーション、30分やったがあまりうまくいかない。昨日のような集中に至らない。何が悪いんだろうなあ。まあ、焦らず続けるしかない。

仕事、ちょっと時間できたので新しいことに取り組んでみる。覚えなきゃならないことがたくさんあって、大変だなあと思う。理屈はわかっていてもなかなか手が動かないのは、日頃の修練の問題。それを措いて必要な職務に取り組んでいるのだからしかたがなくはあるけれども、もうちょっと時間をうまく使っていろいろやっていかないとマズいなあとも思う。

帰宅して、夕食を作っている時に、キャベツの千切りの浅漬けを作るためにタッパーにいれてぶんぶん振っていたら、注意がそれて蓋が開く方向に振ってしまい、キャベツをぶちまけてしまった。千切りキャベツが台所中に散乱し、しばし絶望。その後も注意力が散漫で、作成した料理もいまいち味が決まらなかった。

そんなわけで、気分が優れないので早めに夜のメディテーション。1時間近くやっていたが、途中、寝ていた気もする。ビール2本飲んでたし。しかしそれはそれとして、気分が晴れたのでよかった。メディテーション最高。

立場が異なれば、同じことでも違うように見えてくる。ある立場のひとは別の立場のことをわからないという論難は、その「別の立場」からすれば同じようにもいえることはあり得るだろうと思う。そして、それぞれにまたさらに別の立場が存在する。間立場的認識を同時に持つのは難しい。それぞれに、ある立場の思考パタンを内面化することが合理的だからだ。

さらには、そうした立場も常に一定であるわけではなく、時間とともに移り変わっていくのだから、そんなにはっきりとした起点があるわけでもなく、そうであればなお難しいだろうと思う。

内面を見つめる(この表現、ダサくてやだな)と、淡々とした書きぶりになり、ともすれば暗い感じに読まれ得る文体になっている気もするが、特にそのようなことはなく、単に素のテンションがこういうものだということなのだろうと思う。

本をたくさん読んでいるけど、どうやって時間をとっているのか、速読をしているのか、といった内容の質問をされることがあるが、僕が読んでいる本は「速読」をできるようなものはほとんどないので速読はしていないし、端的に時間をかけているというだけの話だと思う。まあ、比較的読むのは早いほうだろうけれども、何倍も早いわけじゃない。せいぜい1.x倍ぐらいだろう。

組織の公安9課モデルについて

「組織の公安9課モデル」とは何か。「攻殻機動隊」好きにはお馴染みの公安9課だが、9課課長の荒巻大輔の以下のセリフが象徴するような組織のことをいう。

我々の間にチームプレイなどという都合のよい言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけだ。

昨今は「ホラクラシー」などといわれたりもするフラットな組織が話題になっている。

「ホラクラシー」(holacracy)とは、従来の中央集権型・階層型のヒエラルキー組織に相対する新しい組織形態を示す概念で、階級や上司・部下などのヒエラルキーがいっさい存在しない、真にフラットな組織管理体制を表します。ホラクラシーの下では、意思決定機能が組織全体に拡張・分散され、組織を構成する個人には役職ではなく、各チームでの役割が与えられます。細分化されたチームに、それぞれ最適な意思決定・実行を行わせることで、組織を自律的・自走的に統治していくシステム――それがホラクラシーです。 「ホラクラシー」とは? - 『日本の人事部』

「組織の公安9課モデル」とは、ホラクラシーを支える「自己組織化」というよりもさらに強い、まさに「スタンドプレー」のような動きが、結果として「チームワーク」となるような、そんな組織のことであると思う。

公安9課モデル自体は、2008年の記事「マネジメントの真髄:荒巻課長は電脳部下の夢を見るか――攻殻機動隊にみるHuman Resource Management (1/2) - ITmedia エンタープライズ」にも見られるように、以前からいわれているところではある。

今日、「超エリートが走らす最先端の会社のかたち」という記事を見て、技術基盤チームはそういう組織でありたいし、そういう組織として運営しているというのをあらためて思い直したので書いておく(別に我々が「エリート」という意味ではまったくなく、組織形態の話)。

となると、誰がどの役割なのかについて気になるところなので、技術基盤チームのメンバーの一部について、対応を考えてみた(まあ、これは冗談の類なのであまりお気になさらず)。

こんな感じですかねw となると、僕はさしずめ荒巻課長というところか……。

そんな技術基盤チームのメンバーになってくださる方を募集しております。よろしくどうぞ。

js01.jposting.net

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX:SPECIAL EDITION

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Blu-ray Disc BOX:SPECIAL EDITION

2015年8月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月は22冊。夏休みがあったこともあって、わりと多く読めた。

今月は、ニー仏(魚川祐司)『だから仏教は面白い!』を読んだことで「マインドフルネス」が自分的におおいに盛り上がって、ウ・ジョーティカ『ゆるす - 読むだけで心が晴れる仏教法話』宮本啓一『わかる仏教史』などなど、あれこれたくさん読んだ。仏教自体、教養として面白いというのあるけど、どっちかというと修身としての瞑想に興味を持って実践しているところ。

また、藤本隆宏+キム・B・クラーク『増補版 製品開発力』を読んだことであらためてプロダクト・マネジャーについて考えてみようということで、経営史学習の一環というのもあり、家山光雄『プロダクト・マネジャー制 製品開発と販売競争のための新体制』を読んだりして、歴史的な視座を身につけようとしてみたり。

その他、平野紗季子『生まれた時からアルデンテ』を再読したり、川上未映子『きみは赤ちゃん』を読んでいろいろ大変だなあと思ったり、南方熊楠についての本を2冊読んだりした。来月も引き続きマインドフルネス関連の本をあれこれ読みつつ、英語学習とかがおろそかになっているので、その辺もやっていきたいところ。

kentaroの本棚 - 2015年08月 (22作品)
Web Designing 2015年 09月号
読了日:08月18日
評価3

わかる仏教史
宮元啓一
読了日:08月30日
評価4

powered by booklog

YAPC::Asia PEPABO 2015(第3回ペパボテックカンファレンス)を開催しました #pbtech

去る8月29日、YAPC::Asia PEPABO 2015(第3回ペパボテックカンファレンス)を開催しました。お越しくださった皆様、スペシャルゲストの@uzullaさん、発表したペパボのみなさん、運営スタッフのみなさん、ありがとうございました。

(司会業してて写真を撮っていなかった……)

4月に第1回目7月に第2回目、そして今回と、約2ヶ月に1度のペースで開催しているのですが、ご来場の皆様ならびに映像やスライド等でご覧の皆様にもお楽しみいただけるコンテンツを提供できているのではないかと思います。

早速、レポートや感想などを書いてくださった方がいらっしゃいました。いい感じにまとめられていて、当日の様子がよくわかります。ありがとうございます。

2015年8月31日

日記

今日で8月も終り。

朝のメディテーション、いつも15分ぐらいのところを、時間を長めに取るとよさそうということがわかってきたので、30分でやってみた。やはり最初の方は気が散ってだめなのだけど、ある時からぐっと集中するとこれまでとは違った感じになる。

気が散っているときは、考えが頭のなかから四方八方に湧いて出ているというイメージなのだけど、集中が高まると、考えていることが目の前に、手のひらにのるような大きさの球体から発生しているのを眺めている感じになった。そうなると、気が散ってもヴィジュアルにそのことに気づけるようになってきて、集中力が途切れない。ちょっとブレークスルーかな。

しかし、『だから仏教は面白い!』でも『わかる仏教史』でも、「戒定慧」のどれもが必要で、特に「智慧」がなければ、湧き上がる「妄想」に蓋をするにとどまり、根本からせき止めることはできないのだという話がなされていたが、その「智慧」とやらを身につけるにはどうしたら……?という気分になった。実践もいいけど、ある程度は勉強しないとわからないだろうなあと思う。

昼食は丸亀製麺。食べながら、こういう組織のあり方にしていきたいという話をしたりなど。

自分の料理やうつわの選定に、ここのところマンネリを感じている。手癖でやっているな、という感じ。こういうのって、本とか読んで学習するというよりも、誰かを見てそのセンスを真似るというのが効果的なんだと思うけど、そうもいかないので、料理に関してはなんか本を買ってきて、選り好みせずに端から全部その通りに作ってみるということをしたほうがいいのかもしれない、と思う。

しかし、英語学習を全然できていないので、9月はそっちもちゃんとやっていかないとな。11月にまたTOEIC受けることに私用。それに向けて、ちょっとちゃんとやっていく。900点取りたい。

仮に社外に出る必要が出てきた時でも問題ないという、実績に基づく自信を身につけることが重要で、そのことがひいては社内での活動のレベルをあげるよねという話を縷々しているところだが、では我が身を振り返った時にどうなのかというと、心許ないなとも思う。どういうことをやりたいかにもよるだろうけれども、少なくとも自分がそうあるべきと思っている姿からは程遠い。ヤバいな、と思う。

魚川祐司編「それの何が面白いのか」

紀伊國屋書店新宿本店で行われている魚川祐司(ニー仏)さんのブックフェアの選書を、後学のためにメモっておく。ここから買ってぼちぼち読んでいるところ。

ブッダ 1

ブッダ 1

わかる仏教史

わかる仏教史

インド仏教史 上 〈新版〉

インド仏教史 上 〈新版〉

インド仏教史 下 〈新版〉

インド仏教史 下 〈新版〉

インド思想史

インド思想史

新 中国仏教史

新 中国仏教史

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

阿含経典〈1〉存在の法則(縁起)に関する経典群 人間の分析(五蘊)に関する経典群 (ちくま学芸文庫)

阿含経典〈1〉存在の法則(縁起)に関する経典群 人間の分析(五蘊)に関する経典群 (ちくま学芸文庫)

阿含経典〈3〉中量の経典群/長量の経典群/大いなる死/五百人の結集 (ちくま学芸文庫)

阿含経典〈3〉中量の経典群/長量の経典群/大いなる死/五百人の結集 (ちくま学芸文庫)

出家とはなにか

出家とはなにか

反密教学

反密教学

『臨済録』―禅の語録のことばと思想 (書物誕生―あたらしい古典入門)

『臨済録』―禅の語録のことばと思想 (書物誕生―あたらしい古典入門)

臨済録 (岩波文庫)

臨済録 (岩波文庫)

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

対訳 禅と日本文化 - Zen and Japanese Culture

新版 仏教と儒教

新版 仏教と儒教

朱子学と陽明学 (岩波新書 青版 C-28)

朱子学と陽明学 (岩波新書 青版 C-28)

純粋理性批判

純粋理性批判

ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)

ハイデガー=存在神秘の哲学 (講談社現代新書)

アップデートする仏教

アップデートする仏教

現代坐禅講義―只管打坐への道

現代坐禅講義―只管打坐への道

宮崎哲弥 仏教教理問答(サンガ文庫)

宮崎哲弥 仏教教理問答(サンガ文庫)

蝉丸Pのつれづれ仏教講座

蝉丸Pのつれづれ仏教講座

心が疲れたらお粥を食べなさい。 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

心が疲れたらお粥を食べなさい。 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

「気づきの瞑想」を生きる―タイで出家した日本人僧の物語

「気づきの瞑想」を生きる―タイで出家した日本人僧の物語

ゆるす: 読むだけで心が晴れる仏教法話

ゆるす: 読むだけで心が晴れる仏教法話

『国家とはなにか』

『国家とはなにか』

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

中国史(上) (岩波文庫)

中国史(上) (岩波文庫)

中国史(下) (岩波文庫)

中国史(下) (岩波文庫)

意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)

意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)

咖喱と古民藝@SML

うつわ 七尾佳洋 SML

SML エスエムエル | 語る器と道具咖喱と古民藝展にいってきた。

f:id:antipop:20150830211414j:plain

いい感じのものが多くてよかった。その中でも、七尾佳洋さんの4寸皿が、ちょっと高かったものの素敵だったので、買ってしまった。あとは沖縄の田村窯のマカイも。どっちもヘヴィロテしそうな感じ。

宮本啓一『わかる仏教史』

読んだ 仏教

『別冊サンガジャパン(1) 実践!仏教瞑想ガイドブック』の続き。仏教そのものについても多少は知っておいた方がよかろうということで読んだ。上座部仏教の解説がほぼなくて残念だけど、現在に連なる歴史の流れについておおまかに知れたのでよかった。また、哲学史の先生なので、記述が公平なのもよいところ。

わかる仏教史

わかる仏教史

  • はしがき
  • 1 仏教誕生
  • 2 初期仏教(原始仏教)
  • 3 部派仏教
  • 4 大乗仏教
  • 5 上座部仏教(南方仏教)
  • 6 チベット仏教
  • 7 中国仏教
  • 8 日本仏教
  • あとがき

2015年8月30日

朝、起きてしばらく『わかる仏教史』を読了。とてもわかりやすくてよい。しかし、大乗仏教以降には全然興味がわかないなあ。もっとシンプルにやりましょうよ、っていう感じ。

新宿へ。昼食は三丁目のあづまへ。あの辺へ行った時によくいくのだけど、素朴な定食感がとてもいい。今日もよかった。

そこから南口へ歩き、高島屋、紀伊國屋書店。紀伊國屋書店で『西洋の欲望 仏教の希望』を買う。あの辺は、学生の頃に開発されていまみたいになったわけだけど、当時は競馬をやっていたので、ウインズに行きがてらよくいっていたものだと、懐かしく思う。もう18年とか前の話。

中目黒に戻り、SMLでうつわを買う(咖喱と古民藝@SML)。その後、南蛮亭で夕食。

うつわを買うことは、自分にとって本当に真剣勝負という感じで、日々いろんなことを妥協して暮らしているのだけど、これだけは妥協できない、その時々で最高のものだけを買おうと決めている。僕は料理をするから、いくら見た目で気に入っても、自分で料理するときに使うイメージがわかないものは買わない。その上で、生活にブレークスルーをもたらしてくれるだろうものを選択して買う。

帰宅して、みうらじゅん + いとうせいこうのオールナイトニッポンの馬鹿話を聴いたり、買ってきた本を読んだりする。

人生は「明日も知れない」のも真実ではあるが、普通に考えるとあと4〜50年ほどあり、そう思うとなんでも起こり得るなと思う。つい短期的にあれこれ考えてしまうけれども、そういうスパンで何が一番いいのかということを考えていかなければならないと思う。思っているよりも人生は長い。

2015年8月29日

日記

朝のメディテーション、少し時間があったので長めに。最初の15分ぐらい(?)は全然集中できなくてモグラたたき状態と、長く気を取られた状態を繰り返していたのだけど、これじゃいかんと強めに集中していたら、いつもと違った感じに集中して気づき続ける感じになった。ブレークスルーっぽい。多分30分ぐらいはやっていたと思うけど、時間の問題なのかなあ。早起きして長めにやるべきか。

第3回ペパボテックカンファレンスで会社へ。入りが悪くてちょっと心配だったけど、時間になったらいい感じにひとが入っていてよかった。いまのところ、機運が続いていることもあって2ヶ月に一度とかのペースでやってるけど、発表内容も面白いし、それだけやれるようになったことに組織能力の成長を強く感じる。みんなすごいなあ。

懇親会の司会まで終えて、所用により2次会に行かずに帰る。