Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2017年11月15日

あれこれ所用をこなしつつ、昨日までとは別のコード書き。けっこう集中してできて、かけた時間の割にはバリバリ書けた。

青葉台の、旧山手通り沿いに串カツ田中ができてた。なんか他の店舗に比べると量が少ない気がする。

帰宅して、『折口信夫 - 日本の保守主義者 (中公新書)』を読む。


Glints

My eyes, dazzled by the air

With a girl who has floral hair,

Capture the sky shining vaguely,

Filled with the torch awesomely

Illustrated by painters in the Rococo era,

Rather than impressionists who prefer another.

Every time the sky glints,

She, at the same time, grins

Toward me.

If ever I would be with someone,

Then she was, who would get me run again.


Ocean Current

For a long while,

I was in a journey to end up with a toil,

Wandering from some to other,

With my heart vacillating in vain

Without any purpose to achieve.

Found out, finally, I was washed ashore by ocean current,

After a sail around islands.

I'm now convinced

It was a straight way to where you were.

2017年11月14日

コード書きの日々。なかなかうまくいかなくてあれこれ悩む。

夜、グノシーさんとこで行われたblockchain.tokyoに参加する。Webやモバイルとも違う、エンジニアのコミュニティができてきているのを感じる。

その後、表参道のよなよなエールのお店。からの近くのバー。んでもって千駄木へ。

2017年11月12日

千駄木を昼過ぎに出て、神保町へ。三省堂でいつもの新書買い。どんどん読んでいかないとなあ。ついでに、宮台+二村対談本や、ユリイカの蓮實重彦特集なども買う。その後は、例によって「はちまき」で穴子天丼。伯剌西爾で本を読んで、いったん帰宅。

夜、千駄木へ戻る。少し散歩して、古本喫茶店へ。ビールなど飲みつつおしゃべり。『アメリカ名詩選 (岩波文庫)』などを買う。「パターソン」の影響で、詩に対する興味が再燃。あれこれ読んでいきたい。まず、映画に出てくるウィリアム・C・ウィリアムズの詩を読んでみたが、素朴ではあるものの、情景が見えてくるような詩でよかった。

2017年11月11日

東銀座のナイルレストランへ。11時半ごろに着いたのだが、けっこう並んでいて驚く。確かに美味しくて、人気にも納得。その後、オープンしてから初のGINZA SIXへ。とはいっても、蔦屋書店で本を眺めたりしただけだったが。浮世絵についての本を買う。ここは美術書がそろっていて、そこはいい感じだなあ。またこよう。

急遽、竹芝のGallery 916へ、上田義彦さんの旅の記憶展を観に行く。めちゃめちゃよくて感激した。買うとしたらいくらぐらいなんだろうと価格表を見せてもらったが、目当ての作品はとても手がでない金額であった……。

銀座へ戻り、「月のはなれ」へ。ビルの屋上を改造してカフェにしたお店。思いのほかいい感じで、また夜もきたい感じ。その後、トラストシネマ有楽町でジム・ジャームッシュの新作「パターソン」を観る。なんてことないといえばなんてことないんだけど、とてもいい映画だったなあ。ほんでもってコリドー街で少し飲み食いして帰る。

2017年11月6日

あれこれ進捗させたり、調べ物をしたりなど。なんか安直な提案をしてしまったなあと反省したり。この立場として、本質的にどうするべきなのかをあらためて考える。

夜は、T氏にお誘いいただいて、話題のFinTechの方を囲む会に参加させていただく。八戸ゆかりの、北千住の「ごっつり」というお店。その方はもちろん、他の人々もキャラが濃くて、面白かった。