Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2018年1月8日

ニコラ・ブリオーの「21世紀の関係性のランドスケープ:人間的そして非人間的領域の狭間におけるアート」によって、あれこれと考える。彼のいうには、subject/objectの関係性が領域侵犯されていき、いまや水平化している。過去がどうであったかというよりもむしろ、未来にどこへ行きたいかを見据えるべき我々は、ポストモダン=アイデンティティポリティクスを離れ、自らをクレオール化していく(Alter Modernity)必要があると。

ただ、日本人たる自分が思うには、subject/objectのような分明など、もとより日本の歴史的には存在しなかったわけだし、自然に対する考え方も違う。西洋美術史の文脈において、客体→崇高の対照→人新世という自然観があったとしても、我々にしてみれば、最初から自然は馴致というよりは共生すべき存在、すなわち、人間と渾然一体な存在であったわけだ。

ただし、人新世という考え方にも面白いところはある。人類の存在が地質学的影響をもたらすほどのものであってきたこの数十年間は、しかし、ブリオーが言うとおり、たとえば株取引の多くの割合がボットによって行われることに代表される通り、早々に黄昏を迎えていくだろう。人新世が100年も過ぎれば(それは2050年頃、シンギュラリティの時代だ!)、ヒト(=subject)/モノ(=object)渾然一体の「世」になっていく(人工知能たちが地層に痕跡を残す世に!)。

そうであってみれば、たとえばカンタン・メイヤスーのいう、自然法則すらも根本的な偶然性を帯びているという、ほとんど世迷い言に聞こえる宣言も、モノ(具体的には計算機のネットワークからなる「自然」=「計算機自然」©落合陽一)の観点から見ると、自然法則が根本的に変化したといってもいいような世界になっていくともいい得る。その時代における「概念」は、我々のシンボル体系からは到底理解できない異形となっているだろう。

そういうヴィジョンの端緒を(我々からすると未熟なものであるとはいえ)グローバルなコンテキストにおいて現代アートが開いているのであるとすれば、subject/objectの別をもとより持たない日本人の感性を差し置いて、あたかも最新の理論といったていで彼らが我々に語りかけてくることがなぜ可能になっているのかを考えると、それはもう単に、グローバル市場における覇権を日本人が有していないということに尽きる。

そうであってみれば、単に彼らの無理解を嘆いたところでしかたがないのだし、もとより知識としてはそんなことは百も承知だろう。要は、グローバルなコンテキストへのプレゼンテーションが足りていない、であればその文脈において認知されるような打ち出しをしなければ、ローカルな遠吠えにしかならなかろうと思う。

岡倉天心から村上隆まで、グローバルなコンテキストに棹さしてきた日本人は数多くいたとはいえ、物量の少なさは明らかだ。現代アートの文脈に、継続的かつマッシヴに竿させるような作品を提示し続けることによって適切な「啓発」を行うことこそ、我々の使命といえるのかもしれない。

2018年1月7日

イスラーム幾何学芸術展」を観に、武蔵小杉の中原市民館へ。

まなざしのレッスン 2西洋近現代絵画 (Liberal Arts)』によって、抽象画が超越性=聖性を帯びていく理路について啓発されたのだが、イスラームの幾何学模様は、偶像崇拝の禁止という背景を持ちつつ、まさに直接的に抽象の超越性を表現していて、感動を覚える。仏教的な具体的な実践によるある種の超越性にも興味があるが、このように、抽象性からの道行きも面白い。minneで売られていた作品を購入した。具体にまみれがちな日常に聖性を取り戻すよすがにしたい。

デザイン組織のつくりかた デザイン思考を駆動させるインハウスチームの構築&運用ガイド』を読む。自分が担当している分野でもあるので、面白く読める。また、デザイナのみならず、専門性を持つ職能の組織をいかに作るかという点でも、自分の経験ともあいまって、賛否はありつつも、読むことができる。

丸善ジュンク堂で、『アースダイバー 東京の聖地』、『答えのない世界を生きる』、『能楽名作選 上 原文・現代語訳』、和英対照の聖書を買う。帰宅して、2冊読了。

2018年1月6日

ブッダたちの仏教 (ちくま新書)』を読む。一連の流れがあるかのような仏教の歴史叙述の詳細を丹念に紐解き、各時代、地域の固有の事情に即した「ブッダたち」の教えを説く宗教として仏教を説明する本。そうはいっても、大乗仏教の荒唐無稽さには疑問が残るのだが、著者の見方には説得力がある。

「九州 熱中屋 上野 LIVE」で夕食をとった後、上野のTOHOシネマズで、「ゴッホ 最後の手紙」を観る。実際の俳優による演技を元に、6万枚以上の油絵によって描かれたアニメーション。とにかくその物量に圧倒される。話の筋自体の信憑性を判断できる知識がないのだが、ゴッホの孤独は身につまされる思いがする。

2018年1月5日

大腸内視鏡検査のため、朝から水溶性の下剤2リットルを飲みつつ、家で仕事。検査は、映像が見える位置にモニタが置かれていて、リアルタイムに大腸の様子が見られて、それはそれで面白かった。特になにも問題なかったので、よかった。その後出社し、すこし仕事。

仕事を終えて、ルノワールの画集を眺める。1880年代の古典回帰はなんだったんだろうという謎が深まる。ルノワールについてのモノグラフも読んでみる必要があるだろう。

帰り道、Goodbeer Faucetsでビールを飲みつつ、鈴木涼美さんの新刊『オンナの値段』を読む。

2018年1月4日

仕事始め。年初の業務の準備をあれこれする。ちょっと整理しないとなあという気持ち。夕方は、グループ全体の新年会。大親分の話はテンションあがるなあ。明日、大腸内視鏡検査があり、今日は固形物を食べられれないので、泣く泣く帰る。

昼頃、先日受験したTOEICの結果が発表され、860点だった。定点観測のために毎年受けるようにしていて、昨年は850点、その前は775点だったので、少しだけ伸びた。

これまでリスニングが不得意だったのだけど、昨年ずっとNHK World Newsを通勤時に聴き続けていたためか、点数が向上。逆に、リーディングは下がった。まあ、英文読むの全然やってなかったから当たり前か。逆に、今度はどこをやればいいか明白になって、それはそれでよい。はやく900点取りたいなあ。

というわけで英文読みをちゃんとしようと思って、とはいえTOEICのための勉強というのはしたくないので、あらためてEconomistsをちゃんと読もうというわけで、読み差していた『「エコノミスト」で学ぶビジネス英語』を読み始める。その後、アプリで購読しているEconomistsを、音声を流しながら目で追っていると、その本で知った単語がどんどん出てくるので、とてもよい。

松岡正剛『擬 MODOKI: 「世」あるいは別様の可能性』を読了。話題が多様でなかなか消化できないのだが、功利的な合理ではなく、借りぐらしでしかあり得ない我々の生をそれらのあわいのようなところですくい上げていくという話は、日々のしごとに紛れていると忘れがちなところを取り戻させてくれる。

思い出したので書いておくと、最近初めて見たルノワールの「女性大浴女図」の、ブーシェ的ロココと新古典主義の、ほとんど俗悪というべき野合ぶりに、拒否感に近い衝撃を覚えた一方で、強く心惹かれることも否定できないという引き裂かれ状態に陥った。ルノワールについて通り一遍の理解しかないのだが、彼の生涯を通して、作品群を通覧する必要を感じる。

2018年1月3日

アースダイバー』の続きを読み、読了。12年ちょっと前の刊行時には、この本を楽しめる気がしなくてスルーしたのだったが、いまこうして楽しめているのは、ちょっと不思議な感じがした。

千駄木へ。ちょっと正月っぽい夕食を作る。お雑煮、紅白なます、ブリの照焼、ゴーヤチャンプルー(これだけ異色だが)。

その後、酒を飲みつつ『擬 MODOKI: 「世」あるいは別様の可能性』を読む。

2018年1月2日

東京都美術館で行われている「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を観に上野へ。

ゴッホの、ジャポニスムへの傾倒ぶりを、ゴッホ自身の作品と浮世絵とを交互に見せることで示す展示。そういう企画趣旨だからしかたないのだが、日本への言及のみを取り出すと、ゴッホが日本のことばかり話しているひとみたいに感じられるが、そこは割り引いてみるべきだろう。それはともかくとして、点数も多く展示されたゴッホの絵そのものに心打たれたのだった。

美術館2階の洋食レストランで食事。その後、上野公園をぶらぶら散歩してまわる。動物園では、パンダのシャンシャンが大人気のようで、事前に予約しないと入園しても見られないらしい。

表参道駅から原宿へ。New Eraなど見て回る。キャットストリートを渋谷まで歩き、マメヒコで『考えるということ: 知的創造の方法 (河出文庫)』。続けて、『能 650年続いた仕掛けとは (新潮新書)』。店員さんに、「早々に起こしいただいてうれしいです」と声をかけられ、そんなにしょっちゅう来てるわけでもないのに、よく憶えているなあと思う。ブックオフの20%オフセールで、『アースダイバー』を買う。

帰宅して、本の続き。能の本を読み終え、アースダイバーに移る。

2018年の抱負

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年については以下のエントリでふりかえったので、ここでは今年の抱負を述べます。

blog.kentarok.org blog.kentarok.org

方針

まず全体の方針を述べると、自分が将来的にどうありたいかを見定め、そこに向かって着実に近づけるような行動を、できる限りの瞬間々々において採り続けていく必要があろうかと思っている。「将来的にどうありたいか」というのは、公的・私的の両面があり得るが、私的な面については語るべきほどのことはない。

公的な面について、中でも職業的な面については取締役就任時のエントリに書いた通り。その見据えにおいて、現在のわたくしはいろいろな意味において劣っているのは明白で、ギャップをつぶさに分析し、埋められるよう努めていく必要があろうかと思う。

仕事

ひとことでいえば、職務上の結果を出すということなのだが、当たり前すぎて、そう述べることによっては何の情報もたされないので、もう少し書く。

方針にある見据えに従えば、現状のわたくしは、成果については言うに及ばず、思考も知識も行動も、そのいずれにおいても、あるべき姿からは著しく劣っている。その状況を打開するためには、昨年に引き続き「ポジションを矮小化しない」(©三枝匡)ことに努めるとともに、自分の枠を他者との交通によって広げるような活動をしていかないとならないだろうと思う。

技術

方針にある見据えに従い、次の10年で当たり前になってくる技術について、主導していくような動きをする必要があるだろう。

過去の10年をふりかえった時、それはちょうどiPhoneがリリースされて以降の10年なのだが、大きなスケールに寄与した技術はやはりスマートフォンであった。次の10年についてそれがなんであるかの候補はあれこれと挙げられるが、個々についてはともかく、主観的に選り好みすることなく、かつ、現状の経路依存に過度にとらわれることなく、幅広く見ていきたい。

学習

これもまた、方針にある見据えに従ってやっていくことになるのだが、そこからのギャップを考えた時に、自分に欠けているのはやはり広い意味での教養であるということに尽きるだろうと思う。単純にあれこれの経験が不足しているということもあるが、それは仕事における活動を通して得ていく必要がある。

物理的に見えていても、実際には何も見えていないということがある。いくら立派なものを見ても、歴史や文化を知らなければ、何も見ていないのと同じだ。自己修養という意味のみでなく、職業的な目標とのギャップを埋めるためにも、そのような教養が必要だろうと思う。

生活

個人的な生活について特に目標とするところはあまりないのだが、そういうのも持てるようにするほうがいいのかもしれないというのが悩みといえばいえるかもしれない。

昨年は、40代に入って初めて1年を通して過ごしたのだったが、30代後半からの体力低下をますます感じることが多かった。そのため、対策として運動の習慣を身に着けようとしたのだが、いまも身につかないままである。まずはその点について、あらためてきちんとやっていきたい。

2018年1月1日

起きて、読みさしの2冊(『聖書、コーラン、仏典 - 原典から宗教の本質をさぐる (中公新書)』、『謎床: 思考が発酵する編集術』)を読む。特に後者は、多様なトピックを扱っているのだが、自分のいま考えていることの補助線になるようなことも多くあり、とても面白い。

代官山蔦屋まで散歩。ぶらぶらして、『考えるということ: 知的創造の方法 (河出文庫)』のみ購入。帰宅して、買ってきた本を読んだり、Netflixに登録して「8マイル」を観たり。富士㐂でリブロースカツ定食を食べた後、今年の抱負をブログに書く。

2017年に読んだ本をふりかえる

2017年に読んだ本をふりかえる。今年読んだ本は241冊

f:id:antipop:20171231231411p:plain

ベスト5

今年読んで、かつ、☆5をつけた本の中から5冊選ぶなら、以下の通り。

今年翻訳が刊行されたSRE本は、原書でも読んだのだが、あらためてこれからの技術・組織を考えるに際してとても役立った本。『FinTechの法律』は、それまで通り一遍の興味しか持っていなかったFinTechについて、法律家らしい網羅性によって、興味を啓かれた本。FinTech関連ではこれが一番。オザケン本は、あまり期待を持たずに読み始めたのだったが、今年一番の音楽本だった。『脳の意識 機械の意識 - 脳神経科学の挑戦 (中公新書)』は、学者らしく壮大な構想と一歩ずつの積み上げに感心するとともに、ラストの弾けぶりが楽しい。『ジャスト・ライド』は、自転車に対する固定観念を心地よく崩してくれた素晴らしい本。おかげでB_antの自転車も買って、ライドを楽しめた。

その他、今年の★5本を、ジャンルごとにすべてリストアップした。

技術

人文

社会

科学

芸術

漫画

ビジネス

その他


昨年は以下の通り。

blog.kentarok.org