Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

delirious thoughts

by Kentaro Kuribayashi

ケント・ベック『エクストリームプログラミング』

角征典氏が新訳したExtreme Programming Explained第2版。XPについてあらためて原典を読んでみて、いかにそこから多くがいまや「エクストリーム」というよりもむしろ「ありふれた」ものになっているかについて思いを馳せた。

XPについては、少なくともこの本には方法の記述にわかりにくさがあるとは思うけれども、まあそういうのは気にせず、いいと思うところをつまんでいくとよいんじゃないでしょうか。

ケント・ベック著、角征典訳(2004→2015)『エクストリームプログラミングオーム社

エクストリームプログラミング

エクストリームプログラミング

  • 推薦の言葉
  • 日本語新訳版への推薦の言葉
  • 第2版への序文
  • 第1版への序文
  • はじめに
  • 第1章 XPとは何か
  • 第I部 XPの探求
    • 第2章 運転を学ぶ
    • 第3章 価値、原則、プラクティス
    • 第4章 価値
    • 第5章 原則
    • 第6章 プラクティス
    • 第7章 主要プラクティス
    • 第8章 始めてみよう
    • 第9章 導出プラクティス
    • 第10章 XPチーム全体
    • 第11章 制約理論
    • 第12章 計画: スコープの管理
    • 第13章 テスト: 早めに、こまめに、自動化
    • 第14章 設計: 時間の重要性
    • 第15章 XPのスケーリング
    • 第16章 インタビュー
  • 第II部 XPの哲学
    • 第17章 はじまりの物語
    • 第18章 テイラー主義とソフトウェア
    • 第19章 トヨタ生産方式
    • 第20章 XPの適用
    • 第21章 エクストリームの純度
    • 第22章 オフショア開発
    • 第23章 時を超えたプログラミングの道
    • 第24章 コミュニティーとXP
    • 第25章 結論
  • 注釈付き参考文献
  • 訳者あとがき

2015年6月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月は17冊。あんまりテーマを決めずに、雑駁にあれこれ読んだ感じ。

ネット関連本としては、なんといっても川上量生さんの『鈴木さんにも分かるネットの未来』が素晴らしかった。よくもまあこれだけの領域について、明晰に整理しつつもフラットな視点でハッとする洞察を語りまくれるものだなあと、ほんと頭のいいひとなんだろうなあと、川上さんの本を何冊か読んだあとだけど、あらためて驚いた。

ネット関連本というか、構想力についての具体例にあらためて触れることで、最近考えていることへの突破口を見出したくてあれこれ読んでいたわけだが、前述の川上さんの本の他は、「新建築」の特集もよかったし、『<未来>のつくり方』もいろいろ思うところはありつつも勢いあってよかった。しかし、やっぱ川上さんの本に今月は助けられたなあ。

その他、趣味に関する本として、PTA特集の「ユリイカ」、『レゲエ・トレイン』、『中原昌也の人生相談』が面白かったし、また、たまたま読んだ『仏教思想のゼロポイント』が素晴らしかったので、他にも仏教関連の本を読んでみた。あとは、なんといっても志村貴子さんの『淡島百景』!最高過ぎる……。

kentaroの本棚 - 2015年06月 (17作品)
我が逃走
家入一真
読了日:06月12日
評価4

淡島百景 1
志村貴子
読了日:06月20日
評価5

powered by booklog

目黒区役所に婚姻届を提出しました

本日6月28日、大安吉日ということもあり、目黒区役所に婚姻届を提出しました。特に書類上の不備等がなければ、受付日の本日が受理日となり、すなわち婚姻の成立日ということになります。

かねがねインターネット上で「結婚したい」と書いておりましたところ、「結婚しましょう」というお申し出がありました。私が結婚したいという意志を述べていたことが本心からなのであるとすれば、呼応したお申し出に関してはこれを受けるのが合理的です。

物事を合理的に判断するというのが私の信条ですので、その観点から本件について考察を行いました。その結果、現に私の意志が本心からなのであってみれば、すなわちお申し出を受けることは合理的であると判断し、婚姻届の提出に至りました。

なお、お相手につきましては、一般の女性ですので公開は差し控えさせていただきたく存じます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

というわけで、今後ともみなさまよろしくお願い致します。

藤田一照・山下良道『アップデートする仏教』

魚川祐司『仏教思想のゼロポイント』で紹介されていたので読んだ。仏教にもいろいろあるのだなーとか、アメリカのひとはやっぱニューエイジ的な流れなんじゃないのかなーとか。仏教3.0はとてもいい感じがする。難しそうだけど。

アップデートする仏教

アップデートする仏教

  • はじめに
  • 第1章 僕たちはなぜ安泰寺で出会ったか?
  • 第2章 「アメリカ仏教」からの衝撃
  • 第3章 マインドフルネスという切り口
  • 第4章 「瞑想メソッド」を超える
  • 第5章 アップデートする仏教
  • 第6章 「仏教3.0」へ向けて
  • あとがき
  • 付録

中村和彦『入門 組織開発』

人材開発についての本はたくさんあるけど、組織開発の本は日本語ではほとんどないので、購入して読んでみた。事例が仮想例だけでほとんどないので、それならばアカデミックな話題についての紹介をもうちょっとがっつりやってもよかったのかなあと思う。まあ、紹介されている本を読めということだろう。

中村和彦(2015)『入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる』

入門 組織開発?活き活きと働ける職場をつくる? (光文社新書)

入門 組織開発?活き活きと働ける職場をつくる? (光文社新書)

  • はじめに
  • 第1章 今、なぜ組織開発なのか
  • 第2章 組織開発とは何か―son特徴と手法
  • 第3章 組織開発の進め方
  • 第4章 日本の組織が活性化する鍵
  • おわりに
  • 解説 金井壽宏