Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2016年6月29日

日記

文章書く能力が落ちてる感じ。物事をもっとちゃんと遠くまで考えるようにしなければ。というか、その考える能力が落ちている。

  1. まずは考えるための枠組みをまず作り、それにそってあり得ることをできるだけ多く考える
  2. 一時点だけでなく、時間が経過したらどうなるかを考える
  3. 意図せざる結果が、考えの普及から発生し得るかどうかを考える
  4. 考えが全体として筋が通っているか、ストーリーになっているかを考える
  5. 伏線の設置とその回収がちゃんとできているかを考える
  6. その考えそのものだけでなく、全体をなす考えと整合性があるかを考える
  7. これまでの経路、これから偶然起こるだろうことをその考えに整合するように組み替える

考えるというのは少なくともざっとこれぐらいはあるわけで、単純に脳の体力がいる。しかし、方法によって効率化できることもあるし(特に1とか)、練習によって脳が鍛えられることもあるだろう。

2016年6月26日

日記

昼ごろ起床。道玄坂に昨日開店したBOOK LAB TOKYOへ。ビジネス書と技術書が全体の多くの部分を占めており、電源付きの席が広々としたスペースにたくさん配置されている、清々しくターゲットを絞り込んだお店だった。

そのまま銀座線で浅草へ。純喫茶マウンテンで、おすすめされたマンゴーかき氷を食べる。

んでもって、浅草演芸ホールで落語。今日の出番の芸人さんがたまたまそうだったのかもしれないが、より時事ネタとかが多い感じだった。

ホッピー通りで軽く飲んで、スカイツリーまで歩く。押上駅から帰宅。

2016年6月25日

起きて『動くメカニズムを図解&実験! Linux超入門 (My Linuxシリーズ)』を読む。元の連載は組み込みエンジニア向けのLinux入門なので、ブートローダから始まり、カーネルのコードもあれこれ紹介しながら進むので、勉強になる。

昼から秋葉原へ。2週間前に連れて行ってもらった時にはなにもわかってなかったのだが、少しはわかるようになってきたので、買い物が楽しい。あれこれ買った。オタクっぽい趣味や電化製品にに興味がなくて特に好きな街ではなかったのだが、秋葉原の楽しみがようやくわかってきた。休憩時間を含めて、4時間近くうろうろしていた。

帰宅して、買ってきたものでさっそく製作開始。モータを使って動くものを作ってみたかったので、ラジコンぽいものを作ろうとしているところ。積むものも大きくなってきて物理的なスペースの問題が出てきた。とりあえず、モーターをいったりきたりさせるところまで。ここからさらに、スマホから操作してラジコンみたいにしたいところ。

電子工作は楽しいなあ。多くの人々が、電子工作はプログラミングを始めた頃の楽しさを思い出させてくれるというが、まさにその通りだと思う。単純に、動くのが面白いし、時間を忘れて没頭してしまう。

2016年6月20日

日記

夜は会社の管理系部署内の飲み会。僕のいるところは管理系部署ではないけど、役員が管理系部署の管掌なのでいっしょに。帰宅後、読書会のお題『パラダイムの魔力 新装版』を読み返す。新しい開発ボードが届いたのでいじりたいのだが、明日からは新潟へ合宿へ行くので触る時間がない。電子工作したいー。