Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

図解・拙速は巧遅に勝る

昔っから「拙速は巧遅に勝る」なんていいまして。うちの大親分の受け売りなんですが。

これは早い話が、たとえ拙いことであろうと、巧くても遅いよりは速い方がずっとマシであるというわけですな。現代風には、Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグさんなんて方がDone is better than perfectなどといってるそうで、あれだけのサービスを作り上げた方のお言葉とあってみりゃ、ひとつ傾聴しようじゃないかと、そういう気持ちになるわけです。

もとはといえばこの言葉、古代中国の孫武てぇお方が、最古の兵法書と呼ばれる『孫子』ってぇ本でいったと、そういうことになっておるわけです。

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

原文はこんな感じですな。

兵は拙速を聞くも、未だ巧にして久しきを睹(み)ざるなり。

(Wikipedia訳: 多少まずいやり方で短期決戦に出ることはあっても、長期戦に持ち込んで成功した例は知らない)

(『孫子』より)

するってぇと、拙くてもなんでも、まずはちゃちゃっとやってみるほうが、巧いことやろうとするよりもよいというのは、古来、戦争においての経験則として知られているわけですし、『孫子』といえば現代ビジネスにおいても戦争のアナロジにおいてずいぶん引き合いに出される書でもあるってぇんで、しばらく前にはこんな派手が飛ぶように売れたりもした次第。

最高の戦略教科書 孫子

最高の戦略教科書 孫子

ところで、「拙速は巧遅に勝る」ってぇときに、そのフレーズには考えるべき要素が4つほどありますな。すなわち、

の4つということになりますな。

ときに、「拙」という字は『字通』によりゃ、こんな訓義が述べられておりますな。

  1. つたない、たくみでない、へた。
  2. まずい、にぶい、おとる、役立たぬ、おろか。

こうしてみてみると、やけにけったいなありさま。仕事をするうえでこんな「拙い」ようじゃあ、与太郎よばわりされてもしかたがない。ちょいと目をよそに向けてみりゃ、恵比寿の親分がこんなことをおっしゃってたりする。つまり、「雑」=「拙」と、そういうことになりますな。

techlife.cookpad.com

そう考えてみると、「速」ってのは世にいう「勢い」ってぇことになるんですな。世の中、うまいことできてるもんです。

「拙速は巧遅に勝る」ってぇわけですが、4つも要素があっちゃあ、頭がこんぐらがっちまう。図にして整理してみようってな運びとなるのも、当然のことですな。ってぇんで書いてみたのが、以下の図ってなわけだ。

f:id:antipop:20170117002600p:plain

こうやって整理してみると、一目瞭然。確かに「拙速は巧遅に勝る」。逆にいうと、「速」がありさえすりゃぁ万々歳。その時点で○以上って、そういう塩梅ですな。そりゃぁ、「巧」い、「巧」みであるに越したこたぁないけれど、速い上に巧いなんてぇ、それこそ「うまい」こたぁ、この世にはそうそうねぇわけです。

そうなってくると気になるのが、どんな時に「速」なのかが気にかかってくるのは道理ですな。リクツじゃぁわかっても、実際にうめぇこと使えないと、どんないい言葉だって意味がありゃしない。「速」があるってなぁ、こんな次第。

f:id:antipop:20170117000746p:plain

こうやって見ると、いつもの仕事仲間とのやりとりでいってることと変わんないかもしれない。それでいいんです。何も特別なことをいってるわけじゃなし。ただちょっと、「速」にフォーカスをあてて、いいじゃん、「速」じゃん、江戸っ子じゃん、とまあ、こうしてみりゃ自画自賛なのかもしれないね、あたしら「速」なだけが取り柄だからね。

ビジネスは戦である、なんて話もありまして、あたしなんざぁ、誰とも争わず、このペパボ長屋のみぃんなと末永く、楽しく暮らしていければそれで幸せなんでぇございますが。そうもいかねぇのが世の常ってぇわけでありまして。なんともまぁ、「拙遅」がらい世の中でございますな……。

おあとが拙いようで。ちゃんちゃん。

2017年1月17日

日記

相変わらず、あちこちでわしゃわしゃする日々。わしゃわしゃするだけじゃなく、ちゃんと形にしていかないとなあ。

ジムへ。なんか筋肉がついてきてる感じはあるのだけど、お腹周りの贅肉が全然とれない……。もっと食事に気を遣うべきなのか。そんなめちゃくちゃ食べてるわけじゃないと思うんだけどなあ。

帰宅して、雑誌読み。今日は「東洋経済」「週刊エコノミスト」「週刊ダイヤモンド」の配信日。ざーっと眺める。そうやって経済誌をざっと見していると、同じような話題でも扱い方に違いがあって面白い。続けていけば、もうちょっといろいろわかってくる気がする。新聞も、いまは日経だけだが、あとカウンターで朝日も購読したほうがいいかもなあと思ってるところ。

しかし、あんま時間かけてもらんないから、もっとさくさく読まないとなあ。

2017年1月15日

日記

今日は2つ予定を入れていたのだが、さっそく寝過ごしてスタートが遅くなった。掃除、洗濯をしてでかける。

上野の国立西洋美術館。クラーナハ展を観る。

f:id:antipop:20170116012044j:plain

ザクセン選帝侯領で宮廷画家をつとめつつ、工房を率いて得意のモチーフを大量生産する事業家としての側面も持つ、ドイツにおけるルネサンスと宗教改革の只中にあった人物。やけに活き活きとした肖像画や、後年に量産した独特の抽象的なプロポーションを持つ裸体画が、やたら印象に残る。

クラーナハだけでなく、デューラーのような同時代の画家はもとより、ピカソやデュシャンによる継承、レイラ・パズーキによるインパクト大な「《正義の寓意》1537年による絵画コンペティション」なども楽しかった。

上野公園を抜けてルノアールで『昭和元禄落語心中』の続きを読み、読了。ご都合主義だったり、幽霊話に多くを依存しすぎていたりして興ざめなところがなくもないが、それはそれとして面白かった。

17時に鈴本演芸場へ行く。開場前から行列。開園時には満席になる。落語ブームなんだなあ。

  1. 落語: 柳家ぐんま(平林)
  2. 奇術: ダーク広和
  3. 落語: 三遊亭歌奴(宮戸川)
  4. 落語: 柳家小傳次(たいこ腹)
  5. 音楽: のだゆき
  6. 落語: 春風亭百栄(新作)
  7. 落語: 桃月庵白酒(時そば)
  8. 漫才: ホームラン
  9. 落語: 古今亭文菊(締め込み)
  10. 紙切り: 林家楽一
  11. 落語: 柳家喬太郎(新作)

白酒さんは上手かったし、文菊さんが登場した時に、ぱっと空気が変わったのが印象的だったし、噺もよかったなあ。喬太郎さんは例によって大笑いさせてくれた。

「酒肴や 一」で軽く飲んで帰る。

帰り道は、Apple Musicで志らくさんの「毎日新聞落語会 立川志らく2「死神」「粗忽長屋」「金明竹」」を聴いていた。

帰宅して、日経新聞、「BRUTUS(ブルータス) 2017年 2/1 号[日本一の「お取り寄せ」グランプリ。]」、「男の隠れ家 2017年2月号 No.245」を読む。

2017年1月14日

日記

朝起きて、家で仕事の続きをしたのち、昼から会社へ。書き物。一通り目星をつけた。んでもって、ジムへ。その後、丸善ジュンク堂をまわったりした後、帰宅。

どうも生活の効率が悪いなあと思いつつ対策を打てていなかったのだが、定期的に時間をとって、なんでもかんでもGoogleカレンダーにいれて置くのが一番いいのではないかという気になって、そうすることにした。

効率の良い方法を、と思っていたけど、それも難しいので、まずは月初に以下をまとめてチェックすることにする。んでもって、これは行かねばというのを片っ端からGoogleカレンダーにいれておく。

本については、中公・岩波・ちくま・講談社の発売日を入れておいて、毎月その日に書店にいって、ほんとにどうしようもないもの以外は基本的にすべて買う。んでもってざっくり読む。これは、どうしても知識が自分の興味に偏りがちなため。むこうからくるものを、とりあえずはフィルタをかけずに受け入れる。

雑誌についても、dストアのラインナップにあるもののうち、目を通しておいていいなと思うものの配信日をGoogleカレンダーにいれておく。そうしていると、十数誌になった。まあ、ちゃんと読む必要はないので、さっと眺めるぐらいで。その他、Economistや日経新聞など、ルーティンでちゃんと読むべきものもリマインドするようにした。

あらためて落語をちゃんと観るようにしようと思ったので、1巻だけ読んでどうも合わないなと思って放っておいた『昭和元禄落語心中』を、完結したということも見たりしたので、全巻買って読み始める。

2017年1月9日

日記

家からほとんど出ずに、読みさしていた『テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?』の続きを読む。今年は、こないだ読んだ『サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福』もそうだけど、大きな枠組みや流れを教えてくれるような本を継続的に読むようにしようと思っている。

夕食は、HANEYAで。いつも美味しいお店。

出口屋で買った、季節もののしぼりたてを飲む。

‪七本槍と玉川のしぼりたて生原酒。七本槍は、これぞしぼりたてというほぼパーフェクトな出来。玉川は、すだちのような青さすら感じさせ、一口飲んで笑っちゃったほどの、しぼりたてというジャンルを超えた新しい何か。どちらも意気を感じるなあ。‬