Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

世界の終わり

Tommy February6Je T'aime Je T'aimeCCCD であることに、今日になって初めて気づきました。迂闊でした。以下、そのことに気づいてから、現在までの僕の思考ループ。

「つか、なに? どういうこと? Tommy February6 をこの世から消し去ると。そうですか。ミュージシャンが CD を出せなかったらそれは殺されたことと同じ。お前らは Tommy を殺した! というよりもむしろ、仮にそんなことはどうでもいいとしても、君たち大資本が僕を殺そうとしていることは自明。現にいま僕は死にかけてる。うー、うー。殺される! 殺しがやってくる! うわーうわーうわぁぁぁぁぁ!!! 糞っ! 僕はなにも悪いことなどしてないのに。単に CD を買おうとしたらキチガイが刃物を持って襲いかかってきた! 殺らねばこちらが殺られる! 糞っ。どうすればいいのか…。CD コンポを買うしかないのか…。こうしてますます大資本に搾取され行き、貧乏人はどん底までたたき落とされる運命にあるのか…。しかし、コンポを買ったからといって問題が解決するわけではないのだ…。糞っ! つか、なにかぁ? これは戦争か? 戦争なのか? 血で血を洗う戦いなのか? 俺は断じて負けない(ここで一人称が変わったのは俺の決意の表れだ!)。糞っ! こうなったら、お前とお前の彼女を殺して俺も死ぬっ! 糞っ糞っっ!!! Tommy が殺され、いま僕もこうして息絶えようとしている…。コンポを買っても解決しない…。うぅ…。どうして僕は殺されなくてはならないのか…。悔しい…。あの時、お腹を空かせてまとわりついてきたのに面倒くさがって餌をやらなかったらまもなく死んでしまったという近所の野良猫「ホンジョロヴィッチ」の祟りなのか…。すまなかった…。だとしても、それが Tommy となんの関係があるというのか! いや、ないのだ。糞っ! なにが起こっているのかさっぱりわからない…(最初に戻る)」

いや、電波とかそういうんじゃなくて。