Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

伊藤潤二『ミミの怪談』

ミミの怪談
ミミの怪談

友人にむりやり押しつけられた『新耳袋』を読みもしないで放置し果て、その存在すら忘れていたくせに、伊藤潤二が漫画化したとなると飛びつくのです。以前、朝日ソノラマから出てたころはよく読んでいたのですが、その後の展開はほとんど知らなかったので、ひさしぶりにあのすっとぼけた世界に触れた。怖いとか怖くないとか、そんなことはどうでもよくて(つか、怖い怪談なんてあるのか?)あり得ない発想をこそ楽しむべきだという観点からいうと、いちいち引用して説明するのも面倒なので省略しますが、本作、充分楽しめました。