Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

松浦亜弥「GOOD BYE 夏男」他

GOOD BYE 夏男
GOOD BYE 夏男
GOOD BYE 夏男 [シングル V]
九十九十九
暗黒のシステムインテグレーション - コンピュータ文化の夜明けのために -

まるで期待することなく聴いた「GOOD BYE 夏男」。曲はまぁ、アルバムの 5 曲目とかにありそうな中途半端にはじけちゃったような感じで、退屈とは思わないまでも面白くもない。そんなことはどうでもよくて、PV!!! 優れ過ぎた!!! てゆか、DVD に収録されている「あやや Wild ver.」が!!! いや、もうね、腹。

ところで、舞城王太郎ってずいぶんまえからすごいとあちこちでいわれてもいるし、先の三島賞を受賞したって話も聞いたりして、とりあえず読んで見なけりゃならんだろうと思ってはいたのですが、近所の文盲書店がいつまでたっても入荷しやがらないものだから、そんなことはさっぱり忘れ果ててました。多分、この作品を最初に読むのは、順序としてかなり間違っている悪寒満載。つか、清涼院流水がどーの、とか書いてあるんですけど…。あぁ…。その辺の事情をまるで知らない(なんか、顔を見せない作家らしい、ということぐらい)のですが、清涼院関係? いや、『コズミック』とか『ジョーカー』は、床に力一杯叩きつけるぐらいのお気に入り本だったのですけどねぇ。

『暗黒のシステムインテグレーション』は、まったく知らない世界のお話なのですが、「うわぁ、すげーなぁ」などとうなりながら読んでおります。面白い。