Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

菊地成孔「パビリオン山椒魚 オリジナル・サウンドトラック」他

買い物 CD 書籍


菊地成孔さんによる、映画「パビリオン山椒魚」のためのサウンドトラック集。というか、この映画をDVDが出るまでは見られない田舎者たる僕にとっては、菊地さんの最新かつ素敵アルバム。むしろ、この雑多ぶりがなおさら素敵かもしんまい!

1,000 円均一、UNIVERSAL の "JAZZ THE BEST" からの一枚。
ビル・エヴァンストリオが、'65 年にクラウス・オガーマンオーケストラと共演してレコーディングしたもの。美しいなー。あーあーあー。
サイファ覚醒せよ!―世界の新解読バイブル
  • 宮台 真司、 速水 由紀子
  • 筑摩書房
  • 2006-09
  • ¥ 735
  • Book

なんか機会がなくて読み逃していたのだけど、最近ちくま文庫になったのがたまたま目に付いたので、購入した。
'95 年に、宮台さんがいる大学にそれとは当然知らずに入って以来、いろんなひとの影響を受けてものを考えてきたけど、世の中というか社会的な事象についてはやっぱこのひとの考えに一番影響を受けたし、いまも受け続けているのだなぁと、「サイファ」を読みながら改めて思った。面白い話がたくさんあるので、なかなか消化しきれない。

オフショア時代に、IT 技術者はどうあるべきか、どうやって生き残るかという心得集のようなもの。まぁ、IT 技術者ならぬ僕にとっても、大変ためになるお話の数々でした。
アメリカの高校生が学ぶ経済学 原理から実践へ

なんか経済学とか、基礎ぐらいは知っておきたいとずっと思っていたのだけど、なかなか取りかかれずにいた。いきなりマンキューとか買ったって絶対に読めないので、なんか書店でたまたま見たこの本を購入。
ニュー・リッチの世界 The New Rich World
  • 臼井 宥文
  • 光文社
  • 2006-11-21
  • ¥ 1,000
  • Book

下流マーケティングとか不毛過ぎるよ!だって、一生下流でしかない僕らは、下流の生態についてなんて専門家過ぎて、辟易しているのだし!!!ってかまぁ一生縁のあるはずもないこういう世界についての本を読むのは、ワイドショーの芸能情報を見てグヘグヘゆってるオバサンとかと同じような感性だけどw
Tarzan (ターザン) 2006年 12/13号 [雑誌]
  • マガジンハウス
  • 2006-11-22
  • ¥ 500
  • Book

これまでは観念的な世界でずっと生きてきたけど、もういい年ぶっこいてきつつあるので、これからは健康を重視していきますよ!まずはムキムキになったりしてみたい。
身体性と書いてバカとルビをふる。

メモ帳が入り用だったので。