Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2007年に読んだ本・ベスト10

例年にも増して本を読まなかった1年だったのだが、2007年に読んだもののうち良かった本を、新しめ(2006年以降)のものから10冊、以下に列挙する。

『ロリータ、ロリータ、ロリータ』(若島 正)

ロリータ、ロリータ、ロリータ

ロリータ、ロリータ、ロリータ

『「赤」の誘惑 - フィクション論序説』(蓮實 重彦)

「赤」の誘惑―フィクション論序説

「赤」の誘惑―フィクション論序説

『先生とわたし』(四方田 犬彦)

先生とわたし

先生とわたし

『汎音楽論集』(高柳 昌行)

汎音楽論集

汎音楽論集

『渋滞学』(西成 活裕)

渋滞学 (新潮選書)

渋滞学 (新潮選書)

『ウェブアプリケーションセキュリティ』(金床)

ウェブアプリケーションセキュリティ

ウェブアプリケーションセキュリティ

『本能はどこまで本能か - ヒトと動物の行動の起源』(マーク・S. ブランバーグ, Mark S. Blumberg, 塩原 通緒)

本能はどこまで本能か―ヒトと動物の行動の起源

本能はどこまで本能か―ヒトと動物の行動の起源

『生物と無生物のあいだ』(福岡 伸一)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

虐殺器官』(伊藤 計劃)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

『神を見た犬』(ブッツァーティ, 関口 英子)

神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)

神を見た犬 (光文社古典新訳文庫)