Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

Taskpaperもどきを作りかけて放置した記録

elisp emacs

ほとんどテキストエディタ | ZEROFACES」というエントリで知ったTaskpaperというタスク管理ツールが、シンプルの極みでいい感じかなーと思った。こういうの。

んで、使ってみようかと思ったら、$18.95のシェアウェアだってんで、じゃあもうEmacsでやろうと思って久々にelispを書いたりしてたんだけど、そもそもEmacsにはその手のものは他にたくさんあるのだし、もっと問題なのは、僕自身にしてからが、タスク管理ツールを使いこなせたためしがないということであってみれば、元のTaskpaperは、タグとか、プロジェクトごとにタブで見ることができたりするけど、そこまで行く途中でやる気を失ったり……。単にちょっと、たまにはelispを書いてみたかっただけという気がする。

とりあえずCodeReposに置いてあったりします。ごく単純なメジャーモードのサンプル的ななにか、みたいな。

一応こんな。もすこしちゃんと作るかなーと思いつつ、というか、CodeReposにあるので、誰か……。

これだけじゃなんなので、こんな感じの設定を書いてみた。`M-x taskpaper'したら、新規フレームに今日の日付けのファイルを開きます。一日の始めにその日のtaskpaperを開いて、それを常に見える場所にでも置いておけば、なんかそれっぽい感じになるんじゃないかしら。そうでもないかしら、ね。

(require 'taskpaper)

;; taskpaperファイルを置くディレクトリ
(setq taskpaper-dir (expand-file-name "~/.taskpaper/"))

;; `M-x taskpaper'で、今日の日付けのファイルを新しいフレームで開く
(defun taskpaper ()
  (interactive)
  (let ((filename (concat taskpaper-dir
                          (format-time-string "%Y-%m-%d.taskpaper"))))
    (find-file-other-frame filename)))