Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2009-04-25の日記

12時頃起床。雨が降っており、また、風もとても強く吹いている。最初のあたりをちょっと読んでそのままだった南博『鍵盤上のU.S.A.』を読む。ジャズピアニストの南博さんによる、修行時代の回想記。前作の銀座時代を扱った『白鍵と黒鍵の間に』もとても面白かったのだが、今回のアメリカ修行編も素晴しかった。読み始めると夢中になって、一気に読了してしまった。

Ubuntu 9.04が出たので、家で使っているThinkPad X41をアップグレード。適当にぽちぽち押してるだけで、アップグレード終わり。簡単でいいですね。マルシン飯店で食事。中井久夫『精神科医がものを書くとき』を読む。いい本を読んで気分がいいなーってんで、コンビニでビールを買ってきて、昼間っからビール & 中井久夫本。至福だなー。

本を読んでるうちに眠くなってきたのでねてしまう。起きたら1時。なんかまたしても無為に休日を過ごしてしまっている……。お腹がすいたのでコンビニでラーメン的なものを購入して食べる。『鍵盤上のU.S.A.』で出てきたスティーブ・キューンのエピソードが素敵だったので、スティーブ・キューン・トリオの"Baubles, Bangles and Beads"を聞き返す。本当に最高の音楽。

鍵盤上のU.S.A.

鍵盤上のU.S.A.


白鍵と黒鍵の間に―ピアニスト・エレジー銀座編

白鍵と黒鍵の間に―ピアニスト・エレジー銀座編


精神科医がものを書くとき (ちくま学芸文庫)

精神科医がものを書くとき (ちくま学芸文庫)


ビーズと腕輪

ビーズと腕輪