Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

夏バテ対策にオススメの、手軽で簡単に作れる郷土料理2品

梅雨も明けて夏本番、京都では祇園祭の山鉾の建築が始まっています。となると本格的な暑さの中、夏バテして食欲が失せてきているひとも多いのではないでしょうか?といいつつ、僕自身は特にそんなこともなく、元気いっぱい、食欲旺盛な毎日です。とはいえ、食欲の有無に関わらず、夏野菜はそれ自体がおいしいもの。最近作った、香味の効いた食欲増進レシピをご紹介いたします。

宮崎の冷や汁

f:id:antipop:20110709211820j:image:w600

少し手の混んだ猫まんまといったていの「冷や汁」。香味野菜をたっぷり使い、さっぱりとして冷涼なため食が進み、かつ栄養豊富。夏にぴったりの一品です。

冷たい味噌汁様の汁を冷ました飯・麦飯にかけて食べる、調理に手間が掛かるが、いわゆる「味噌汁ぶっかけ飯」の一種。農山漁村の郷土料理百選として「宮崎県の料理」に選ばれている。健康食としてのイメージも高く、食欲の落ちる暑い夏の夏バテ対策としても食べられている。

冷や汁 - Wikipedia

本式(?)で作るとけっこう面倒なので手抜きをして、鯵の味醂干しを使って香ばしく作ってみました。レシピはcookpadに書いてあります。

山形の「だし」

iPhoneで撮った写真なのでだいぶ粗いのですが、それはそれとして、「だし」というのは山形の郷土料理で、昆布出汁などの「出汁」とはまったく別物です。ご覧の通り、香味野菜をたっぷり使ったタレみたいなものですね。

よく冷やした野菜を、五ミリ大に荒くみじん切りにし混ぜ合わせ、醤油や酒、うま味調味料などで味付けし、数時間から一晩置く。主に茄子、胡瓜などの夏野菜と、少量の紫蘇、茗荷、葱、生姜などの香味野菜を用いる。もっとも、身近な野菜であれば食材を選ばず、人参、ピーマンなどの冷蔵庫の残り野菜を何でも使うことができる。オクラや昆布、納豆昆布を使って、粘り気を出すこともある。各家庭によって、それぞれに異なった味付けがあるのも特徴。

だし (郷土料理) - Wikipedia

これまたさっぱり、冷涼。ご飯や冷奴にかけてもおいしいし、以下のようにパスタにからめてみたりしてもいい感じです。

節電の影響もあって、例年以上に夏バテし易いこの夏。以上紹介した、簡単で、食欲増進できて、しかも栄養たっぷりの料理で元気に乗り越えていきましょう。