Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

第1回Ruby開発環境勉強会

社内で、Ruby開発環境勉強会を行いました。趣旨としては、

  • Rubyプログラマ歴ひと月未満の僕が、最近自分でやってみた開発環境について説明・実演する
  • それを聞いているひとが「こんなことも知らないのか」とあきれて、いろいろ教えてくれる

という会です。いろいろ勉強になったので、とてもよかったです。開発環境やツールまわりの勉強会、面白いので、次回以降もなんかしら開催したいと思います。また、

の2名も発表してくれました。

とはいえ、単に「教えて」というだけいっても意味ないので、以下の軸に沿って問題を整理しつつ、それぞれについて説明・実演をしつつ、みなさんの意見をうかがう感じですすめました。

  • シェルの設定
  • irb/pryについて
  • 複数ヴァージョンのRuby共存
  • 開発のおとものgem
  • ドキュメントのひきかた
  • エディタの設定

シェルの設定

irb/pryについて

  • awesome_print使おう
    • pryのデフォルトの出力関数をおきかえることもできるけど、それはそれで微妙という意見も……

ドキュメントのひきかた

  • るりまサーチをブラウザの検索キーワードでひいてる
  • コンソールやエディタから引けるのも試すけど、結局いろいろだるくなって、ブラウザで検索に戻る
  • apidockを使うとヴァージョン違いまでわかってよいよ!
  • gem serverよりyardがよい http://rubydoc.info/gems

ドキュメントの作成

その他

  • ソースを素早く見る
    • gem edit(gem-browse)
    • bundle open($EDITORで開ける)

あと、rails開発まわりでの使ってるツール類(guard, sporkとか)あたりの話をしてなかったなと思ったけど、そのへんはまあ普通に使ってるだろうので、いいか。