Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

Emacs勉強会で発表してきた + 資料公開しました #Agile渋谷

Agile渋谷主催のEmacs勉強会に参加してきました。今回は、僕の勤務先の会場を提供したので、そのあたりの準備と、さらに発表もしました。以下、その資料です。

発表中にも述べましたが、Sublime Text 2の話をしたのは、

  • 他のエディタを試してみるところで、いいところをEmacsに取り入れるきっかけになる
  • ST2の方が明らかに優れてるところはたくさんある。たとえば以下が、簡単に、いい感じに使えるとことか。
    • Goto Anything
    • Snippet
    • Package Control
  • 足りないところがあれば、どんどんelisp書いて改善していったらいい

という感じです。Emacsユーザにとってはもちろん、Vimmerなどにとっても有意義な内容になったと思います。

さらには、僕はEmacsのカスタマイズにハマったばかりにelispをおぼえてあれこれ書いてきたりしたので、エディタのカスタマイズ性を非常に重視するのですが、Sublime Text 2は、(特にOSXだと)Pythonを使っている利点があります。資料に書いてあるのでくりかえしませんが、拡張にPythonを使えるのは、単に言語の違いを超えて意味のあることです。そのあたりも含めて、ST2には非常によい利点が多くあると思っています。

まあ、とりあえずなんかやってみて、拡張ちょっと書いてみたらよいんじゃないでしょうか。Vimmerは手遅れだとしても、愛すべきEmacserのみなさまには、まだ更生のチャンスがあると思います。非モテをこじらせて一生終わりたいんですか?Vimmerのように手遅れになる前に、ST2にトライしてみましょう。