Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2013年5月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月は37冊。漫画多め。

最近は、統計学や広告・マーケティング関連に興味があって、その分野の本をあれこれと読んだ。中でも『顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門 (NextPublishing)』が非常に面白かった。先月読んだ同シリーズの『DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門 ビッグデータ時代に実現する「枠」から「人」への広告革命 (Next Publishing)』とともに、非常にエキサイティングな分野で、広告分野に限らず、読んで得られるものは大きいと思う。

その他、出色だったのは『チューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来』。非常に大部の本ではあるが、コンピュータ創世記の話が、様々な人々からなる観点で描かれていて、圧倒的に面白い。また、6月にシンガポールに行くタイミングで刊行されて個人的にタイムリーだった『物語 シンガポールの歴史 (中公新書)』は、バランスの取れた記述でシンガポールの歴史を概観し、ためになる。

先月に本を書いていた影響で全然本を読めなかったこともあって、今月は本を読む時間を比較的多く取れたのでよかったが、しかし、読むべき本はたくさんあるし、英語の本は1冊しか読めなかった(Kindleにたくさんたまっている……)ので、もっとがんばりたいところ。

kentaroの本棚 - 2013年05月 (38作品)
□ しかく
阿部和重
読了日:05月26日
評価4

powered by booklog