Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

あんちぽっぷの料理本棚 - ブクログ図書館番外編

先日(2013/6/14 - 6/16)行われたペパボ文化祭に、出し物のひとつとして「ブクログ図書室」というものがありました。これは、みんな大好きブクログをリアルに再現しようというものです。

僕も選書で少し協力したのですが(『設計の設計』)、それとは別に選書した料理本棚がボツになってしまったので、以下に公開しておきたいと思います。

魯山人味道

魯山人味道 (中公文庫)

魯山人味道 (中公文庫)

http://booklog.jp/item/1/4122023467

魯山人は基本ですね。

向田邦子の手料理

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

向田邦子の手料理 (講談社のお料理BOOK)

http://booklog.jp/item/1/4062043173

向田邦子さんのエッセイももちろん素晴しいですが、写真の多いこちらを。

内田悟のやさい塾 春夏 旬野菜の調理技のすべて 保存版

内田悟のやさい塾 春夏 旬野菜の調理技のすべて 保存版

内田悟のやさい塾 春夏 旬野菜の調理技のすべて 保存版

http://booklog.jp/item/1/4840143765

最近流行りの野菜本の決定版。すべてベジに徹してるのがポイント高い。

物語 食の文化 - 美味い話、味な知識

物語 食の文化 - 美味い話、味な知識 (中公新書)

物語 食の文化 - 美味い話、味な知識 (中公新書)

http://booklog.jp/item/1/4121021177

新書らしからぬ、食文化についての浩瀚な書籍。お得。

きのう何食べた?

きのう何食べた?(7) (モーニングKC)

きのう何食べた?(7) (モーニングKC)

http://booklog.jp/item/1/4063871584

漫画はたくさんあるけど、キリがないのでこれを。

ベジタリアンの医学

ベジタリアンの医学 (平凡社新書)

ベジタリアンの医学 (平凡社新書)

http://booklog.jp/item/1/4582852629

医学的にバランスの取れた記述で、役立つ。

動物からの倫理学入門

動物からの倫理学入門

動物からの倫理学入門

http://booklog.jp/item/1/4815805997

たまにはこういう本を読んで、動物食について考えてみるのもよいと思う。

平松洋子の台所

平松洋子の台所 (新潮文庫)

平松洋子の台所 (新潮文庫)

http://booklog.jp/item/1/410131652X

平松洋子さんの本もたくさんいいものがあるけれど、これが一番入りやすくてよい。

純米酒を極める

純米酒を極める (知恵の森文庫)

純米酒を極める (知恵の森文庫)

http://booklog.jp/item/1/4334785727

夏子の酒』登場人物のモデルにもなった著者による、純米酒のすすめ。情熱的。

架空の料理 空想の食卓

架空の料理 空想の食卓

架空の料理 空想の食卓

http://booklog.jp/item/1/4594057306

リリー・フランキーさんによる達意の文章と澤口シェフによる料理、旨そう。

悪女の美食術

悪の美食術 (文芸第二ピース)

悪の美食術 (文芸第二ピース)

http://booklog.jp/item/1/4062128721

ガイドブックばかり読んでないで、この本を読む方がもっと美味しくご飯を食べられると思う。

料理の四面体

料理の四面体 (中公文庫)

料理の四面体 (中公文庫)

http://booklog.jp/item/1/4122052831

料理を徹頭徹尾論理的に解析した明晰きわまりない本。これぞ名著。

フランス料理の学び方―特質と歴史

フランス料理の学び方―特質と歴史 (中公文庫)

フランス料理の学び方―特質と歴史 (中公文庫)

http://booklog.jp/item/1/4122051673

辻先生の本もたくさんよいものがあるが、これが最も手軽、かつ、面白い。

最後の晩餐

最後の晩餐 (光文社文庫)

最後の晩餐 (光文社文庫)

http://booklog.jp/item/1/4334740413

開高健の凄みがよく伝わってくる本。エピソードがいちいち面白過ぎる。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

http://booklog.jp/item/1/4101001510

村上春樹さんによるウィスキー紀行。春樹エッセイで一番いい。行きたくなる。