Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

南場智子・著『不恰好経営』

不格好経営―チームDeNAの挑戦

不格好経営―チームDeNAの挑戦

この本、DeNAの知人エンジニアらを始め、周囲の同業界人がそろって面白いといっていたので気になっていたところ、ようやくKindle版が刊行されたので、さっそく購入して読んだ。

僕自身は、ベンチャー企業に初期からいてなんかしたみたいなことはないのだけど、そういう話を身近にきくようなところにはいて、そうした話はいつもとても面白いものだ。前職も現職も、その時代の話には胸がアツくなる。しばらく前に刊行された『起業家』も、周囲が面白いといっているのでなんとなく読んでみたら実際面白かったし、なんだかんだでそういう話が好きなんだろうと思う。

なんとなく著者のことについて、ものすごく賢い理論派みたいな感じのイメージを持っていて、実際その通りなんだろうけど、創業期にシステムがまったくできていないことがわかってパニックになり実家に意味不明な電話をかけたり、会社が大きくなってからも会議で手が赤くなるほど机をどんどん叩いてみたり、ベンチャー起業家らしい激しさを持ち続けているひとなんだなあと、なんだか意外に思ったのだった。

自分自身、ともすればぼんやりしてしまいがちなところがあるので、たまにはこういう本を読んで意識高めるのもよいと思う。