Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

藤本隆宏『生産システムの進化論』

読んだ マネジメント

経営史(『経営史講義』『経営構想力』、『「ものづくり」の科学史』)、トヨタの主査制度(『トヨタ自動車開発主査制度』、『トヨタの製品開発』)からの流れで読んだ。経営学者の書いた本で、知識を得るだけでなく「面白い!」と思える本ってほとんどなかったけど(数少ない例外としては、高橋伸夫『経営の再生』『殻』、楠木建『ストーリーとしての競争戦略』)、この本はとても面白かった。ここ最近ずっと考えてたことがてんこ盛り。自分自身の仕事についても、いろいろインプリケーションがあった。

藤本隆宏(1997)『生産システムの進化論 トヨタ自動車にみる組織能力と創発プロセス』有斐閣

生産システムの進化論―トヨタ自動車にみる組織能力と創発プロセス

生産システムの進化論―トヨタ自動車にみる組織能力と創発プロセス

  • 第I部 総論 トヨタ的システムの進化論的再解釈
    • 第1章 研究目的と分析枠組み 企業進化論と技術・生産管理論の接点
    • 第2章 トヨタ的開発・生産システムの競争合理的側面 静態的能力と改善能力
    • 第3章 トヨタ的開発・生産システムの発生と進化 システム創発と進化能力
    • 補章1 トヨタ自動車におけるフォード・システムの導入 創業期から1960年代まで
    • 補章2 社会システムの実証分析への進化概念の応用について
  • 第II部 各論 開発・生産・購買システムの機能と創発
    • 第4章 日本の自動車部品サプライヤー・システム その構造と機能
    • 第5章 「ブラック・ボックス」部品取引システム 承認図方式の期限と進化
    • 第6章 製品開発のダイナミックな側面 能力の蓄積・純化・過剰使用
    • 第7章 トヨタ新組立システムにみる組織内進化プロセス 事後的進化能力の役割と「現場主義」
    • 終章 「日ごろの心構え」としての進化能力 結論と展望