Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

ジム・オルーク "Simple Songs"

聴いた 音楽

ジム・オルークさんが、Insignificance以来で「うたもの」アルバムを出すということで、久々に購入した。Amazonには音源のみでの販売がなかったのだけど、@lamanotramaさんが、以下にあるよと教えてくれたので、そちらで。彼のアルバムを買うのは、音楽をまだ熱心に聴いていた2005年頃に、武満徹の曲をやったCorona for Pianist(s)や、坂田明さんとの共演「みず の ない うみ」を買ったりした時以来かな。まあ、ジム・オルークさんに限らず、ここ数年はほとんど音楽を買うこともなくなってしまったのだが。

Simple Songs

Simple Songs

  1. Friends With Benefits 5:25
  2. That Weekend 3:15
  3. Half Life Crisis 4:42
  4. Hotel Blue 3:21
  5. These Hands 3:13
  6. Last Year 5:47
  7. End of the Road 5:33
  8. All Your Love 6:22

そんなわけで久々なので、アルバム発売に合わせて刊行された「別冊ele-kng ジム・オルーク完全読本」を買ってぱらぱら眺めたり。インタビューで、基準がないのはだめだといってるのが、とてもよかった。

別冊ele-king ジム・オルーク完全読本 ?All About Jim O'Rourke? (ele-king books)

別冊ele-king ジム・オルーク完全読本 ?All About Jim O'Rourke? (ele-king books)

あんまライブとか行くのが好きではないのだし、音楽をよく聴いてた頃はそもそも田舎にいたのでライブなど行けず、もっぱらCDを延々繰り返し聴いていたわけだが、京都にいた頃に近所でやるからってんで一度だけジム・オルークさんの演奏を聴きに行ったことがあった。ライブの後、そそくさと会場をあとにして木屋町に消えたかとおもいきや、しばらくした後に会場近辺に戻ってきたところを客につかまってサインなどしていて、挙動不審で面白かったのを憶えている。