Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

笠井潔・藤田直哉『文化亡国論』

読んだ

サブカル文化論みたいなのを最近読んでいなかったのだけど、いまどきはどうなってるんだろうと思って読んだ。

僕より7歳年下のひとと親より年上のひとの対談なのだけど、年上の方にずっと共感したり説得させられたりしていて、歳をとって団塊の世代のひとにそう感じるようになったのかな……とか思ったりした……。なんか若いひとの方は泣き言とか愚痴をいってばかりで全然共感できないのだけど、笠井潔さんは説明ぶりも明晰だし主張が断固としていてとてもよかった。もし「運動」するなら、笠井さんの方につきたいと思う(僕のような、安倍さんの新自由主義的側面はOK(政治・文化的にはだめ)というひとがそういう感想を抱くのもアレなのかもだけど)。

笠井潔藤田直哉(2015)『文化亡国論』響文社

文化亡国論

文化亡国論

  • はじめに
  • 第1章 ネット右翼ネット左翼―情報社会と政治的感性
  • 第2章 クールジャパンとナショナリズム―右傾エンタメは危険か?
  • 第3章 もはや引きこもってはいられない―オタクから、ヤンキーへ
  • 第4章 リキッド・モダニティと空気の国民―21世紀の自我
  • 第5章 ネ申とアニミズムサブカルチャー的宗教性
  • 第6章 クレタ島の鶏は、夜明け前に騒がしく啼く―21世紀の蜂起
  • あとがき