Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

エドガー・H・シャイン『キャリア・アンカー』

読んだ マネジメント

エンジニアの職位制度について、よりよいものにしていくために見直しを考えている。そのための学習として、本書を読んだ。

そもそもキャリア・アンカーとは何か?

あなたのキャリア・アンカー(原文傍点)とは、あなたがどうしても犠牲にしたくない、またあなたのほんとうの自己を象徴する、コンピタンス(訳注: 有能さや成果を生み出す能力)や動機、価値観について、自分が認識していることが複合的に組み合わせったものです。

(p.1)

キャリア・アンカーとは、どれが自分のアンカーなのかについて、無理にでも選択を迫られた場合、どうしてもあきらめたり捨て去ったりができないひとつの(原文傍点)拠り所である、と定義されています。

(p.50)

また、キャリア・アンカーのカテゴリは以下の通り8種類があるとされている。

  • TF(Technical/Functional Competence): 専門・職能別コンピタンス
  • GM(General Managerial Competence): 全般管理コンピタンス
  • AU(Autonomy/Independence): 自立・独立
  • SE(Security/Stability): 保証・安定
  • EC(Entrepreneurial Creativity): 起業家的創造性
  • SV(Service/Dedication to a Cause): 奉仕・社会貢献
  • CH(Pure Challenge): 純粋な挑戦
  • LS(Lifestyle): 生活様式

自分がどのようなキャリア・アンカーを持っているかを知るために、40の質問が用意されているので、答えてみた。

カテゴリ TF GM AU SE EC SV CH LS
2 4 3 2 3 3 10 2
6 10 3 2 1 2 10 3
3 3 2 2 5 1 6 2
1 2 6 2 4 2 6 2
2 1 2 2 2 5 4 2
合計 14 20 16 10 14 13 36 11
平均点 2.9 4 3.2 2 2.9 2.6 7.2 2.2

CHに一方的に偏っていますね。さもありなんと思う。それぞれのカテゴリの具体的な内容については、どうぞ本書を読まれてください。

ただまあ、質問票のみだと答えが偏るので、本書にはインタビューのテンプレも用意されている。そちらの結果とも付きあわせて考えてみる方がよりよいようだ。

Schein, E. H. (1990). Career anchors: Discovering your real values. San Diego: University Associates. (金井壽宏訳『キャリア・アンカー 自分のほんとうの価値を発見しよう』白桃書房、2003年)

キャリア・アンカー―自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

キャリア・アンカー―自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

  • はしがき
  • 第1章 序
  • 第2章 キャリア指向質問票
  • 第3章 キャリア発達
  • 第4章 キャリア・アンカーという概念の展開
  • 第5章 キャリア・アンカー・インタビュー
  • 第6章 実践に生かすために
  • 原著あとがき
  • 訳者あとがき