Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

三浦瑠麗『日本に絶望している人のための政治入門』

読んだ

上野千鶴子さんがなんかいってたのを見て、読んでみるかーってんで買って読んだ。左右はともに非現実的に見えるし、リアリズムばかりでも「理想」がない、そこに現実を見ながら共感(compassion)をもとによい社会を目指すというのは、なんでローティの名前をあげていないのかはわからないが、それこそ共感するところ。

ただし、提言される具体的政策のレベルについては、よくわからないなーというのが実際のところ。また、「入門」というには前提としてる知識が多くて、「日本に絶望している人」のうちのどれほどが読みこなせるのかなーと思う。

三浦瑠麗(2015)『日本に絶望している人のための政治入門』文藝春秋

  • はじめに―イデオロギー闘争から取り残された人びとへ
  • 1 不毛な左右対立を超えて
  • 2 日本政治を可視化する
  • 3 地方、女性、非正規
  • 4 外交・国際情勢
  • あとがき