Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

川上量生『鈴木さんにも分かるネットの未来』

読んだ

Kindle版が出たら読もうかなーと思っていたけど、ちょっとあれこれ行き詰まっていたことがあったので、紙の本を買って読んだ。結果、以下の画像に観られる通り、啓発されるところ多数で読んでよかったし、ヒントを得られた。感想書きたいけど、多岐にわたり過ぎるので、そのうちおいおい……。

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)

  • はじめに ネットが分からないという現象が生み出すもの
  • 1 ネット住民とはなにか
  • 2 ネット世論とはなにか
  • 3 コンテンツは無料になるのか
  • 4 コンテンツとプラットフォーム
  • 5 コンテンツのプラットフォーム化
  • 6 オープンからクローズドへ
  • 7 インターネットの中の国境
  • 8 グローバルプラットフォームと国家
  • 9 機械が棲むネット
  • 10 電子書籍の未来
  • 11 テレビの未来
  • 12 機械知性と集合知
  • 13 ネットが生み出すコンテンツ
  • 14 インターネットが生み出す貨幣
  • 15 リアルとネット