Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

家山光雄『プロダクト・マネジャー制 製品開発と販売競争のための新体制』

読んだ マネジメント

藤本隆宏+キム・B・クラーク『増補版 製品開発力』からの流れで、プロダクト・マネジャーの歴史的展開を知りたくて、買って読んだ。1966年刊行の本、すなわち約50年前の本なのだけど、ただひたすら「何も変わってないな」と思うばかり。むしろ、Web業界でなぜいまPMなのか?の方が疑問に思えてくる。

  • 序文
  • まえがき
  • 第1章 プロダクト・マネジャー制導入の背景と考え方
  • 第2章 プロダクト・マネジャーの組織
  • 第3章 プロダクト・マネジャーの業務内容
  • 第4章 プロダクト・マネジャーの責任と権限
  • 第5章 プロダクト・マネジャーの資格要件
  • 第6章 プロダクト・マネジャーと利益管理
  • 第7章 プロダクト・マネジャー制の効果と問題点
  • 第8章 プロダクト・マネジャー制導入のための条件
  • 第9章 プロダクト・マネジャー制の今後の課題
  • 補章1 アメリカにおけるプロダクト・マネジャー制の代表的な職務分掌規程と組織の実例
  • 補章2 日本におけるプロダクト・マネジャー制の実例