Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

近藤正高『タモリと戦後ニッポン』

読んだ

一連のタモリ本ブームはスルーしていたのだけど、@donkouさんがタモリ本をお書きになられたと知って、それならばと思って買って読んだ。まず、タモリさんの伝記的な話をほとんど知らないので、単純にそれだけで面白い。また、「戦後ニッポン」とある通り、芸能界デビューまでの話は歴史的ディテールがちょいちょい盛り込まれているのがよかった。

ただまあ「笑っていいとも!」以降の話は、語られている対象とともにトーンダウンする感じに思えた。植草甚一や森繁久彌とのつながりについても、もうちょっと事実ベースの話、端的には取材とかで明らかになってると、面白く読めたなあと思う。

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)

  • はじめに
  • 序章
  • 第1章 坂とラジオ、そしてジャズ――祖父母に育てられて
  • 第2章 大学紛争とダンモ研狂想曲――森田一義から「タモリ」へ
  • 第3章 空白の7年間――ボウリングブームのなかで
  • 第4章 日本最後の居候――タモリ出現
  • 第5章 テレビ界「お笑い」革命――芸能人と文化人のあいだで
  • 第6章 “変節”と“不変”――フジテレビの絶頂と『笑っていいとも!』
  • 第7章 「リスペクト・フォー・タモリ」ブーム――テレビは終わらない
  • 終章 タモリと日本の“老後”
  • おわりに
  • 参考文献