Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2015年10月17日

日記

9時頃起床。『経営学で考える』の続きを読み、読了。

筑波大学の茗荷谷キャンパスへ。興味深い研究室があったので、訪問して先生に博士課程後期課程について話を聴く。修士課程と違って研究をする場所なので、実験して発表してはボコられ論文書いてはまたボコられという中でやっていくとか、1年目からジャーナルに掲載されるレベルの論文を書けるというぐらいじゃないと厳しいとか、世界中の研究者と伍するつもりでやっていかなければならないとか、学術の世界は大変だなあと思う。

小石川植物園へ。来ようと思いつつ長い時間が経ってしまったが、ようやく来られた。思いの外広くてびっくり。雨降りのあとだったので、全体的にしっとりしているのもまたいい。東京にいるとは思えない感じだ。ぐるっと一周した。

東に歩き、白山通りへ出て、後楽園の方向へ。20年近く前の学生頃に、確か神保町へ行った後に散歩しようと、白山通りをずっと北上したことがあったのを思い出す。後楽園の手前で左に折れて、本郷台へ上がる。そこからさらに御茶ノ水方面へ。日本医科歯科大が見え、学生の頃、サークルの後輩がそこに骨肉腫で入院し、脚を切除したのも功を奏せず亡くなったことを思い出す。サークルの面々でお見舞いにいったのが最後だった。

神保町へ下りる。「天麩羅 はちまき」で穴子海老天丼。神保町に来た時は、ここで食べることが多い。

三省堂書店をひと通り見た後、神田伯剌西爾で休憩。散歩したのが思いのほか足にきてしまった。『会社法入門 新版 (岩波新書)』を読み始める。

帰宅して、疲れたので1時間少し寝る。その後、中目黒の黒川食堂へ。ここのサラダバーは安いし美味しいし、好き。

間歇的に大学院に行こうという気持ちになるのだけど、なんかいろんなことを勘でやっており、自分の勘自体は悪くはないんだろうと思うけど、所詮は勘に過ぎないのでもうちょっとちゃんとやりたいという思いがある。それに加えて、学術の世界に対して、その厳しさも合わせて魅力を感じているということもある。しかしまあ、いま自分が取り組むべきことにもっとちゃんと取り組む方がいいだろうというのもあるし、しかしそのためにも別の方法を取り入れていく必要があるんじゃないかとも思うわけだ。