Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2015年11月15日

日記

昼頃起床。しばらく『リー・クアンユー回顧録〈上〉―ザ・シンガポールストーリー』の続きを読む。

数日ぶりに天気もよくなったので、外出。谷根千へ。山手線で日暮里へ。谷中墓地を過ぎ、しばらくすると、最近しょっちゅう写真で観る谷中銀座の入り口へ降りていく階段が見え、「おお、これが」と思う。初めてきたので。

谷中銀座は、思いの外狭くて、ひとが多い。抜けて、谷中と千駄木の境目のよみせ通りを歩く。のだやという酒屋さんが、いい感じの品揃えだったので、日置桜 強力と独楽蔵の4合瓶を買う。山ぎしというお店で、柳川定食で遅めの昼ごはん。

よみせ通りから不忍通りを南下。根津を抜けて不忍池へ。ベンチに腰掛け、不忍池を眺めながら、途中の東京メロンパンで買ったパンを食べる。

上野へ出て、アメ横を御徒町まで行って、山手線に乗って帰る。

帰宅して、リー・クアンユー回顧録の続き。権力闘争の話が延々されるようになって、だんだん疲れてきた。

さっそく、買ってきた日本酒を飲む。旨い。日置桜は京都にいた頃によく飲んでいたので、懐かしい感じがする。さらに独楽蔵も飲んでみたが、2013年醸造のものを今年に瓶詰めしたこの一本は、独楽蔵のシャープなイメージと異なり、品のいい旨味が新鮮。

昼に、自分のものの見方がまだまだ小さいというか、ちゃんと真面目に物事を考えてないことを思い知らされることがあって、がっかり。今年の4月にも同じことがあったのに、全然学んでいない。自分では仕事に対して当事者意識を持っているつもりでも、結局は他人事のように思っているのだろう。全然考えが足りていない。