Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

リー・クアンユー『リー・クアンユー回顧録(上) ザ・シンガポールストーリー』

読んだ マネジメント

長らくプレミアがついて中古価格が高騰していたリー・クアンユー回顧録だったが、たまたま上巻が2,500円ほどで出ているのを見つけたので、即ゲット。さっそく読んだ。

大学卒業あたりまでは普通に自伝として楽しめるのだが、政治活動を始めてからは、ひたすら権力闘争の詳細が描かれていて、正直しんどい。しかし、日本の明治維新前後や太平洋戦争後の熾烈さ(後者は、たとえば岸信介の回顧録などで伺える)がかわいく見えるほど。イギリス、マレーシアとの関係、国内でも多民族の関係がある上に、共産主義者は現実的な勢力を持っている。それをなんとかハンドリングして登りつめるだけでも、すごいなあと思う。

下巻は1965年のマレーシアからの分離独立以降の話。原書では一応持ってはいるのだけど、なかなか読めていない。しかし、上巻の感じだと日本語で読むのですらしんどいので、下巻の価格低下待ちだなあ。

リー・クアンユー回顧録〈上〉―ザ・シンガポールストーリー

リー・クアンユー回顧録〈上〉―ザ・シンガポールストーリー