Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2015年11月21日

日記

11時頃起床。でかける用事があるので、すぐに準備する。

新橋へ。すしざんまいで昼食をとった後、TCC試写室で行われる「雞排英雄」の上映会。台湾映画をもっと観たいと思っていたところ、上映を知って楽しみにしていた。すごく面白い。

銀座へ歩く。アップルストアでiPad Proを見る。思いの外軽くて驚く。キーボードもいい感じだし、ほしい気持ちに。しかし、キーボードの在庫がないと店員さんがいってるのが聞こえて、じゃあまあいっか、と買わずに出る。

上映会でもらったものの中に、新橋の台湾麺線で使えるサービス券があったので、行ってみる。映画を観たばかりなので、やっぱり注文しないとってんで鶏排。その他、パクチーサラダ、青菜の炒めもの、揚げパンなど。どれも美味しい。満足。

芝公園を通って、東京タワーへ。クリスマスっぽい電飾目当てか、人出が多い。

さらに北上して、六本木まで歩く。ABCに寄ったあと、中目黒経由で帰宅。

紹興酒のボトルの余りを飲みながら、『小林カツ代と栗原はるみ―料理研究家とその時代―(新潮新書)』の続き。

30代前後になってから美味しく感じられるようになったものはいくつかあるけど(たとえば茗荷とか)、紹興酒も若い頃は苦手だったなあと思いつつ、台湾料理屋から持ち帰ったボトルの残りを飲みながら思う。まあ、単にお酒を美味しく飲めるようになったことが一番大きいだろうけど。

仕事上の意思決定と家庭生活を含むプライベートでのそれとでは、後者の方が難しいという感慨を見て、不思議に思う。プライベートの意思決定なんて、自分ひとり、あるいは周囲の数人が影響を受けるだけである一方で、仕事上のそれは影響を受けるひとがもっとたくさんいるのだから。

しかし、普通に人々はプライベートの意思決定の方に困難を覚えるものなのかもしれず、そうであるとすれば、自分の態度の方がちょっと「仕事人間」過ぎるのかも……と思ったりもした。