Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2015年に読んだ本をふりかえる

今年読んだ本は、kentarokさんが2015年に読んだ作品 - ブクログによると191冊。去年は267冊だったので、だいぶ減ったなあ。結婚したりしたのもあったので、まあしかたないか。

以下、今年読んだ本のうち、☆5をつけたものをカテゴリ別にリストアップしておく(全20冊)。☆5は、かなりよかったと思える本にしかつけてないのだけど、それでも20冊あったということは、いい本を読めたということかも。

どれも甲乙つけがたいのだけど、その中からベスト3を選ぶなら、

  1. 藤本隆宏『生産システムの進化論』
  2. 魚川祐司『仏教思想のゼロポイント』
  3. 曲沼美恵『メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?』

かなー。『生産システムの進化論』は1997年刊行の本だが、いまなお文句なくグレートな作品だろう。『仏教思想のゼロポイント』は、自分自身の興味範囲を広げてくれたという意味も込めて。『メディア・モンスター』は圧倒的な面白さによって。

情報系

経営学

学術関連

国際

文化

漫画