Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

伊藤邦武『プラグマティズム入門』

読んだ

昨今はなぜかプラグマティズムが流行で、古典的プラグマティストの論文集とか、一般向けの解説書とかあれこれと本が出ているのだけど、そんな流れの一冊。

パース→ジェイムズ→デューイという古典的なとこから、クワイン、ローティ、パトナムという「少し前の」流れ、そしてブランダム、ミサック、マクベス、ハーク、ティエルスランという最近の潮流の紹介。特に最近のひとのことは全然知らないので、便利だった。ローティみたいな雑なのはよくなくて、パースや実在論についてもうちょっとちゃんと考えようよというのは、ローティ好きとしてもさもありなんと思う。

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

プラグマティズム入門 (ちくま新書)

  • はじめに
  • 序章 プラグマティズムとは何か
  • 第1章 源流のプラグマティズム
  • 第2章 少し前のプラグマティズム
  • 第3章 これからのプラグマティズム
  • おわりに
  • プラグマティズム入門のための文献
  • あとがき