Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2016年4月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月は21冊。わりと雑然と読んでいた感じだけど、量だけはそれなりにあった。

栗原康さんの新刊『村に火をつけ、白痴になれ――伊藤野枝伝』は、例によってリズム感のある文体が心地よい。伊藤野枝自体もとても面白い。ここ1年ほどで刊行された『はたらかないで、たらふく食べたい』や『現代暴力論』の2冊も面白い。大杉栄伝も買ってはあるけどまだ読んでないので、そちらも読まないとな。

仕事関連に役立つかなと思って読んだのが『なめらかな社会とその敵』、『複雑系入門』、『ヒューマンコンピューティングとクラウドソーシング』、『know』、『メイカーズのエコシステム』、『「知」の欺瞞』あたり。それぞれの本に様々な着想を得たので、活用していきたいところ。もっと考え方を変えて、違うアプローチができると思う。

その他、今月はセキュリティスペシャリストの試験を受けたので、その参考書もひと通り読んだりした。ちゃんとやってみるとそれはそれで面白くなってきて、もうちょっと掘っていきたい気持ち。

kentaroの本棚 - 2016年04月 (21作品)
週刊東洋経済 2016年4/9号
週刊東洋経済 2016年4/9号
-
読了日:04月10日
評価3

幸せになる勇気
幸せになる勇気
岸見一郎
読了日:04月18日
評価3

know
know
野崎まど
読了日:04月20日
評価3

テキーラ大鑑
テキーラ大鑑
林生馬
読了日:04月27日
評価4

powered by Booklog