Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2016年5月に読んだ本をブクログでふりかえる

今月は19冊。連休中はけっこう読めたが、その後は失速気味。

前半は、仕事関連の着想を得ようと『アラン・ケイ』、『研究開発マネジメントの“強化書”―経営戦略と研究開発活動をつなぐミドルマネジメント機能の強化』、『情報処理パラダイム論序説―知の地平を見る』あたりを読んだ。アラン・ケイはやっぱりすごいなーとあらためて思う。それでひとつシミュレーションの着想と実装ができた。

気になっていた立川吉笑さんの『現在落語論』がKindle化されたことがきっかけで読んだことで、落語にハマる。談志の『現代落語論』、その弟子の談笑さんの『赤めだか』、他に古典落語をまとめた本なども読んでいるところ。落語、あらためてめちゃめちゃ面白い。

昨年来、多言語使用からヒップホップときて、今回は落語という流れなのだが、どれも言語の使用に関することで、興味としては一貫している。より自由で、かつ、自分の考えを表現できる方法を知りたい。

kentaroの本棚 - 2016年05月 (19作品)
圏論の歩き方
圏論の歩き方
-
読了日:05月03日
評価3

現在落語論
現在落語論
立川吉笑
読了日:05月08日
評価4

あれか、これか
あれか、これか
野口真人
読了日:05月28日
評価4

powered by Booklog