Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2017年3月に読んだ本

今月は13冊。仕事が忙しかったり、体調がずっと低調だったりして時間をあまり取れなかったのだけど、読む時はわりと集中して読めた。

星5本

★を5つつけた本は、『社員の力で最高のチームをつくる――〈新版〉1分間エンパワーメント』、『落語と歩く (岩波新書)』。前者は、最近、経営チームで流行っている本。1分間シリーズは好きであれこれ読んでいるのだが、それら同様に良い本だった。星野リゾートの社長さんがまえがきで書いているように、恣意的に取捨選択することなく、実践していきたい。

後者は、ひたすらマニアックな落語本。よくある落語に関連する地理を紹介する本だと思って軽い気持ちで読み始めたら、「散歩」への没入ぶりや、文献の博捜に基づく知識の展開ぶりがものすごくて、ひたすら感嘆を覚えた。すごいひとだなあ。

雑誌

dマガジンで消化している雑誌。しかし、月の半分ぐらいインターネットがなかったために、後半は全然読めてない。

  • 経済誌: 週刊エコノミスト、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド
  • 週刊誌: 週刊朝日、週刊文春、週刊新潮

その他

『愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家』は、普通のノンフィクションだと思って読み始めると書きぶりに驚くのだが、話題がとにかく面白いので熱中して読めた。最近お気に入りのアントワーヌ・コンパニョンによる『寝るまえ5分のモンテーニュ 「エセー」入門』は、著者の達意の芸がすごい。

仕事関連だと『日本の工芸を元気にする!』に、「はー、すごいなー」と感嘆することしきりだった。

kentaroの本棚 - 2017年03月 (13作品)
powered by Booklog