Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2017年4月6日

今日から早起きして、朝、会社に行く前にジムへ行こうと思い、6時過ぎに起床して、8時前にジムへでかけた。すると、月に1度しかない休館日。なんとも幸先の悪いことだ……。しかたないのでそのまま出社して、新聞、「週刊新潮」、「週刊文春」を読む。そしたら、早起きしからなのかなんなのか、右肩が張ってきて、午後からは頭痛に……。

肩があんまりにも張るので、マークシティのてもみんに行った。55分コース。非常によい。しかし、終わってもなおやっぱり張っているのは続く。そういえば昔読んだ平山夢明さんの小説で、競走馬用の消炎剤を肩こりに使う話があったなあと思い出してググってみたら、その成分から作った人間用みたいなのがあるのを知り、注文した。

書店で、今月リリースのちくま新書から『めざせ達人!英語道場: 教養ある言葉を身につける (ちくま新書1248)』、『日本語全史 (ちくま新書)』、『建築から見た日本古代史 (ちくま新書1247)』、『ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜 (ちくま新書1252)』を買う。

そこそこ本を読んだりしてる方だとは思うのだが、それでも限りがあるので、何も考えずに興味のままに読んでいると、どうしても偏ってしまう問題がある。それをある程度回避するために、中公、岩波、ちくまあたりの新書を、よほど興味ないもの以外は基本的にできるだけ買って読むということをしたらいいのでは?と思っていたのだが、今月から始めることにしたのだった。上記したレーベルの新書は、ちょうどいい塩梅に色んなジャンルを扱っていて、よい。

帰宅して、斎藤兆史さんの本を読む。