Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2017年8月20日

朝9時に起きて、レンタカーを借りて市原湖畔美術館へ「ラップ・ミュージアム」展、および、そこで上映される「サウダーヂ」を見に行く。

場所があまりにも遠いので、電車で行くのはあきらめてレンタカーで。結果、正解だった。人生初の高速、しかも単独乗車で、ということで不安があったが、アクアライン経由の道はひとの運転する車で何度か通ったことがあるので、わりと道を憶えていて、瑕疵なく行けた。むしろ一般道のほうがこわいな。

市原湖畔美術館の周りは、あまりにも何もなくて困る。近くに唯一あった料理屋でランチ。昭和っぽい、田舎の料亭って感じ。そこに、いかにもな土建屋っぽいおじさんが女性を連れてやたら注文しまくっていて、「わ〜」と思う。

ラップ・ミュージアム展は、思いのほか規模は小さいものの、KOHHさんのトラックをミキサーで部分に分解して理解できるようにしたり、ラップの譜割りを可視化する展示をしたり、はたまたリリック帳を展示していたり等、KUFUが凝らされていて、とても好感の持てる内容だった。素晴らしいなあ。願わくば、これの3〜4倍ぐらいの規模で、またどこかでやってほしい。

しばらく時間がったので、『心の哲学: 新時代の心の科学をめぐる哲学の問い (ワードマップ)』を読む。よく整理されていて、便利。

続いて、15:30から「サウダーヂ」。上映前に田我流さんがふらふら歩いていて、目があったので会釈したら返されたので、「わ〜」っと舞い上がったり(ミーハー)。映画は、ほんとまさに「映画的」という他ないシーンがてんこ盛りで、素晴らしかった。ソフト化されていないのでなんかの機会に上映されたときしか観ることができないのだが、はるばるこんなとこまできてよかったなと思う。

渋谷へ帰り、久々の運転で気疲れしたので、日本酒原価酒造で飲み。