2017年11月に読んだ本

今月は19冊。この他に、カイユボットなど、展覧会の図録を4冊ほど読んだ(図録といえば、最近は出版流通に乗るものが増えててありがたい)。

星5本

★を5つつけたのは、『琥珀の眼の兎』の1冊のみ。
オデッサから大富豪として成り上がった一族に伝わる根付コレクションの来歴を、パリ、ウィーン、日本をまたいで語る本。ナボコフのロシア時代の回想もすごいが、あらためてヨーロッパの金持ちの生活の、豪奢というだけでない豊穣さにうっとりする。読み始めたきっかけである根付そのものについては、そんなに書かれているわけではないのだが、そんなことは忘れて読み耽る。

その他

美術関連の本を読もうと思い、手近なところからあれこれ読んでいるところ。20年ぶりに読み返した『ヘルメスの音楽 (ちくま学芸文庫)』や、先日いった澁澤龍彦展で、自分の美術に対する好みが彼らに著しく規定されていることにあらためて気づいたりした。『美学への招待 (中公新書)』は入門に便利だし、「美術手帖2017年12月号」は最新の美学的トピックも紹介されていて、水準が高い。
kentaroの本棚 - 2017年11月 (19作品)
[まとめ買い] インベスターZ
三田紀房
読了日:11月02日

琥珀の眼の兎
エドマンド・ドゥ・ヴァール
読了日:11月03日

芸術論
宮島達男
読了日:11月05日

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門
田篭照博
読了日:11月09日

ヘルメスの音楽 (ちくま学芸文庫)
浅田彰
読了日:11月12日

どうすれば愛しあえるの: 幸せな性愛のヒント
宮台真司
読了日:11月13日

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
伊藤亜紗
読了日:11月17日

美学への招待 (中公新書)
佐々木健一
読了日:11月18日

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)
川北稔
読了日:11月19日

アウグスティヌス――「心」の哲学者 (岩波新書)
出村和彦
読了日:11月22日

日本史の内幕 - 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで (中公新書)
磯田道史
読了日:11月25日

日本の人類学 (ちくま新書)
山極寿一
読了日:11月26日

ユリイカ 2017年10月臨時増刊号 総特集◎蓮實重彦
蓮實重彦
読了日:11月26日

日本人にとって美しさとは何か (単行本)
高階秀爾
読了日:11月27日

エヴリシング・フロウズ
津村記久子
読了日:11月28日

美術手帖2017年12月号
-
読了日:11月28日

Discover Japan_DESIGN うつわ作家名鑑 (エイムック 3900)
-
読了日:11月28日

知的戦闘力を高める 独学の技法
山口周
読了日:11月28日

現代美術コレクター (講談社現代新書)
高橋龍太郎
読了日:11月29日

powered by Booklog