Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2018年10月22日

あれこれおしゃべりしてる中で、ようやく未来が見えてきた感。丸善ジュンク堂で本を買ったり、神泉のタイ料理屋「モーラム酒店」で食事したりしつつ、考えを書き出す。

こういう仕事をしていると、仕事の成果が物理的なものじゃなかったり、あるいは純粋には数字的結果であったりするわけだけど、その途中のコンセプトやプロセスもちゃんと形にして残していかないとなあという気持ち。また、日常生活においても、ログを取るというだけじゃなくて、なにかを作っていくということをしていく必要がある。

買った本をちゃんと記録しないと。

愛読の方法 (ちくま新書)』を読んだあと、M:I IIIを観る。これで、フォールアウト以前について、見直し分含めて観た。

2018年10月21日

制作へ 上妻世海初期論考集』の続きを読んだ後、はしばやんでご飯を食べたのち、原宿へ。CARHARTT WIPのショップへ。コーチジャケットを買おうとおもっていたのだったが、MA-1風だけど丈の部分がふつうのジャケットぽい感じの面白いのがあったので、そっちを買った。んでもって、MONTOAKで休憩。帰宅して、なんか眠くて寝る。

起きて、中目黒のおにやんまで夕食。ここのうどんを、たまに無性に食べたくなるんだよなあ。帰宅した後、「ミッション:インポッシブル (字幕版)」、「M:I-2 (字幕版)」と続けて観る。デ・パルマの1作目も、ジョン・ウーの2作目も、いまもうこういうケレン味たっぷりの映画ってあんま観ないよなあと、1996年、2000年の映画なのに、懐かしい気持ちになった。

2018年10月20日

社内恋愛カップル(新郎はもう辞めちゃったけど)の結婚式で銀座へ。よかったなあ。末永くお幸せに。体重が増えすぎてスーツがほとんど拷問のようにきつくて苦しいため、2次会にはでずに帰宅。平日の疲れからが残っているのか、なんかやたら疲れてる感じで眠くて、4時間ぐらい寝る。

起きて、HANEYAでご飯。萩の鶴の「メガネ専用」というレーベルのお酒。ちょっと酸味と甘味がきついかなという印象。でもこれはこれでいろんな楽しみ方ができそなお酒。

制作へ 上妻世海初期論考集』の続きを読んでいたのだが、ちょっと読書に身が入らなくなってきて、「ミッション:インポッシブル/ ローグネイション (字幕版)」を見る。「ミッション・インポッシブル」って、3作目を観て以来かも?やっぱり面白い。また、いまだとちょっと違った感じでも観られてよかった。

とか書いたあとに、さらに「ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル (字幕版)」も観た。

2018年10月19日

夕方に大きめの問題が起こったのだったが、それはそれで、そういうことが起こること自体が成長の証でもあるとも思った。

ちょっと遅れて、酢飯屋さん+熱燗DJつけたろうのイベントへ。一緒にいくはずのひとがいけなくなったので、同僚のT氏と。訪れるのは3度めの酢飯屋さんで、以前にもいただいたこともある鮨もありつつ、つけたろう氏によるペアリングがその旨さをされに引き出していて、彼のイベントも何度かいっているが、ベストだったなあ。新しい技もどんどん開発しているように思えた。

渋谷へ戻り、東亜飯店で行われている送別会に混ざる。その中で、ずいぶん前に徹夜で障害対応をしたときの話が出てきて、懐かしい思い。さらに庄やで飲み。

2018年10月18日

終業後、H氏が手配してくださって、自分とこの管掌下のマネジメントにたずさわる人々とマドリードで飲み。やっていく感じ。

さらに、Mikkellerへ行ったあと、円山町のバーへ。ひとしきりおしゃべりしつつ飲んでいたら、バーテンさんが「よく間違われるんですが、ここはすがはらさんではなくLounge BAR Nightsというんですよ」といいだし、これまで6年ぐらい断続的に通ってきた店を、完全に間違えていることが発覚して、ショックをうけた……。さらに、すがはらの本店まで行き、4時前に解散。

2018年10月14日

昼は、昨日のフランスのみなさんをかね庄へ案内。包丁さばきに、みんな興味津々。ランチで来たのは初めて。このクオリティでこの値段はめちゃお得だなあ。その後は、影向堂から浅草寺に入って、浅草神社、仲見世と歩き、フランスのみなさんとはお別れ。

夜は根津の「洋食タケル」。旨い。

ひたすらビールを飲みつつ、『投壜通信』を読む。山本貴光さんはほんと素晴らしい。

2018年10月13日

会期終了間際の21_21へ行かねばってんで、六本木へ。まずは昼ごはんを「孫」で。美味しい〜〜。こういうのが好きだなあ。京都にはこういう系の旨い中華料理屋がたくさんあってよかったと思う。

Books and Modernに寄り、 Ron Hermanカフェでお茶したりして、21_21の「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」へ。出品作品には個人的な好みにはあわないものもいくつかあるものの、よいものはすごくよかったなあ。それと、先日発売されたRipple Wavesをまだあんまり聴き込めてないので、もっと聴いてみようと思う。

ひょんなことから、フランスから来た4人組をお好み焼き屋へ連れて行くことに。僕はフランス語はまったくわからないので、むこうからはフランス語→日本語、こっちからは英語で返す感じ。美味しく食べられたのかはよくわからないが、わいわい楽しそうにしていたのでよかった。