Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2018年7月16日

月曜日は、起きると既に配信されているホリエモンメルマガを読んで一日が始まるのだが、例によって多動の日々で、単純によくもこれだけ動けるよなあということに毎回感心してしまう。なにはともあれ、そういうところからだよなあ……。

縄文について考えるに際し、文化としての「縄文」というフレームを設定した岡本太郎をあらためて掘ってみようってんで『黒い太陽と赤いカニ―岡本太郎の日本』を読む。「芸術は爆発だ!」の「爆発」が、岡本が終戦直後からいいだした「対極主義」に基づくものであり、1930年代フランスでの知的影響、日本のオリジナルとしての古層の発見とがあいまって、1970年の万博におけるお祭り広場へつながっていくという筋立て。万博はともかく、岡本太郎の縄文理解について、歴史学者はどういう反応をしていたのかが気になるところ。

中目黒駅前の「罠」でジビエ。鹿、雉、熊。「肉を食べてる!」って感じ。

帰宅して、『世界神話学入門 (講談社現代新書)』の続きを読み、読了。世界の神話に、地理的に離れているにもかかわらず共通点が多く見出されるのはなぜか?という問いに対して、それは同じルーツから広がっていったからであり、遺伝学的な跡付けと神話の広がりの一致も見られるという。さらには、神話はゴンドワナ型/ローラシア型の2タイプに分類することができ、後者は初期のホモ・サピエンスが海岸沿いにアフリカ、インド、インドネシアあたりに広がっていったときのもの、後者は文明の花開いた中東から世界中にひろがっていった系統。素朴で象徴的な前者に対して、ストーリー性豊かで国の来歴が語られる後者。んでもって、神話のモチーフについても当然あれこれ語られるのだが、個人的に最もインパクトがあったのは、地図。アフリカからインド洋へ開けていく方向へ眺めれば、世界が全然違って見える。

フランス語入門本の続きを読み、ワイアードで連載されているドミニク・チェンさんの発酵の話を読んだりして寝る。ドミニク・チェンさんは、本当にすごいなあ。

2018年7月15日

フランス語入門の続きを読んだ後、恵比寿へ。その前に、五島手延うどん藪ノ椿中目黒でランチ。ちゃんとしててよかった。というか、ここも際コーポレーションなんだなあ。

恵比寿につき、NADiff a/p/a/r/tへ。Chim↑Pomの展示。1Fフロアの真ん中に工事現場にあるようなポータブルトイレのこ汚いのがある。あけてみると、便器が地下につながって、水がポタポタ落ちている。穴開けたのか!とびっくり。地下に降りてみると、床板がはがされたフロア一面に水がたまっているところを、ギリギリ残された板を通って歩く。1Fからの水がポタポタ。この場所には何度がきているのだが、実に見事にむちゃくちゃに壊したなあと思って、感嘆。その後1Fで本を眺めていたら、お店に飛び込んできた男の人が、店員に「お手洗いありますか?」と問う。その場に走る緊張感。店員は「お手洗いならあちらに云々」と「本物」の方を案内し、安心すると同時にがっかりした。いやそこはやっぱり、作品の方を示すべきだったのではないか(笑)。

末井昭『生きる』、竹内万里子『沈黙とイメージ -写真をめぐるエッセイ-』、椹木野衣『黒い太陽と赤いカニ―岡本太郎の日本』を買い、ルノアールや、中目黒に戻ったあとのファソンで読む。帰宅してさらに読んでいたのだが、なぜか唐突に三茶に飲みに行こうという気持ちになり、でかける。三茶というか、淡島通りにある淡島倉庫へ。クラフトビールを2杯飲む。最近、一人で飲まないようにしているのだが、クラフトビールや日本酒をちゃんと飲む、すなわち、自分にとって新しい経験として飲む分にはよいということにした。控えたいのは、意味もなく惰性で飲むことなので。

帰宅して、『感じて、ゆるす仏教』を読む。とても面白い。最近、仏教から離れていたが、あらためていろいろ考え直すきっかけになりそう。

iTunesのアジア アーバン新世代というプレイリストを聴いているのだが、ゆるふわギャングに感じる「イマ」って感じは、韓国と日本の若いラッパーたちの体現する感じなんだろうなあと思う。かっこよくて、技術もあって、もちろんとがっている。新しいな、と思える。

2018年7月14日

感性は感動しないー美術の見方、批評の作法 (教養みらい選書)』を読む。岡本太郎を引き継ぎつつ、自分をあちこちにぶつける中から生まれる「感性」についての話など、冒頭の文章には共感を覚える。一方で、子供の絵は「美術として」素晴らしいみたいな話は、ちょっとどうかと思える。子供の物理的な特性が大人と違うのは当然だが、それと「美術として」の評価になんの関係があるのだろうか。大先生の随筆感。

ゆるふわギャングの新譜を聴きながら移動。『世界神話学入門 (講談社現代新書)』の続きを読む。何度同じことを思ったかわからないほどだが、フランス語の勉強をしないと!と思い立って『世界一簡単なフランス語の本 すぐに読める、読めれば話せる、話せば解る! (幻冬舎新書)』を読み始める。めちゃわかりやすい。寝入りばなに、ドミニク・チェンさんの連載「未来を思い出すために」を読む。極めて面白い。

2018年7月13日

研究所のメンバーが実績を整理する過程で、僕の論文もアップロードしてくれていた。かなり走り書きしたエッセイみたいな感じだから学術的な価値を云々するようなものではないが、今後の技術や研究の方向性についてのメモではある。もう少しいろいろ書きたいことがあったのが、うまく書けなかった。そのあたりはおいおい書いていきたい。

帰宅して、『辺界の輝き―日本文化の深層をゆく』、『思考を鍛えるメモ力 (ちくま新書)』を読む。

2018年7月12日

福岡出張3日目。今回は、いろいろあってカフェで面談をしているのだが、これはこれでいいかもしれない。

東京へ戻る機内で『内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)』を読む。最近、さらに体重が増えてしまってヤバいので、なんとかしないとなあと思って、少し前に話題になっていたこの本を手にとったのだったが、メカニズムについての新しい知識は得られたが、要するにもっと運動しましょうということで、がんばるしかないという自明な結論に(そりゃそうだ)。それはそれとして、あらためてちゃんとやろうという気持ちになってよかったかも。

帰宅して、さらに『メイキング 人類学・考古学・芸術・建築』の続きを読み、読了。