Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

情報処理安全確保支援士試験に際して行ったこと

平成30年度春期試験で情報処理安全確保支援士試験に合格しました。わぁ〜い。受けたのはちょうど2年ぶり2回目。前回は、なんか暇だし受けてみるかーみたいな感じで受けてみて落ちて、今回はいろいろあり必要に迫られて受けてみて、合格できました。

今回の受験に際して行ったことを、簡単に紹介しておきます。

対象者

インターネットサービスのエンジニアとしての経験が数年程度ある人。

試験の概要

情報処理安全確保支援士試験は、年2回(春・秋)行われます。マークシート方式の午前IおよびII、記述式の午後IおよびIIで構成されていて、朝から夕方までの長い試験です。難易度としては、他の高度試験よりは易しいのかな?そのあたりよくわかりませんが、インターネットサービスに関わるエンジニアなら、この試験で問われる知識は持っておいて損はないだろうと感じます。

午前試験

かけた時間:5時間ぐらい

上述の通り、2年ぶりに受けたのですが、前回受けた際に午前試験は通っていたので、午前Iは免除でした。なので、対策したのは午前IIのみ。いずれにせよ、午前の問題は情報処理安全確保支援士ドットコムで過去問をポチポチ5年分ぐらいやりました。不正解だった問題と回答を、解説込みでEvernoteにコピペして、試験直前はそれを眺めていました。

実際の問題には過去問と同じ問題もよく出るし、上記をちゃんとやってればすんなり通るでしょう。逆に、過去問やらないと、基本的な問題とはいえそれなりに範囲が広いため、大変でしょう。

午後試験

かけた時間:10時間ぐらい

午後試験は、ぶっちゃけ範囲が広過ぎてどう勉強したらいいのかよくわかりませんね……。

僕はインターネットサービスのエンジニアとしてそれなりに経験があるので、プログラミングに関する問題については特に勉強しなくても普通に解ける感じ。本エントリの対象者なら、そういうひとが多いと思います。逆に、社内ネットワークやインシデント対応の話、情報セキュリティマネジメント等については、エンジニアを長くやっていても、特に勉強していないと問題は解けなさそう。

というわけで、こういう感じでいきました。

  1. そもそもどういう問題がでるかよくわからないので、まずは過去問を2〜3年分ほど眺めてみて、こういう問題が出るんだなーというのを頭に入れておく
  2. 教科書(『セキュリティ技術の教科書 (専門分野シリーズ)』を使いました)を頭から読む(Webエンジニアにとっては既知の話題も多いと思いますが、あらためて体系的に知識を整理できるのでお得)
  3. 午前問題の過去問の知識を、マークシートを選べるだけでなく、実際の状況を想定して当てはめられなければならないので、そのあたりは「自分の職場で同じことが起きたら?」と想像しながら読む
  4. 寝入る前に、Kindleで『ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士 (情報処理技術者試験)』を眺める。この本は知識を効率よく詰め込んでくるタイプで、じっくり読もうと思うとつらいけど、寝る前にながし読む感じにはよいと思う

余談ですが、今回の問題はいろいろと感じるところがあるもので、とても良問でしたね……。試験そのものも楽しめました。

おわりに

情報処理安全確保支援士試験については、受かったあとに登録をすると国家資格としての情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)になれるようなので、そちらの登録もしてみます(お金がそれなりにかかりますが)。情報セキュリティについては、今後ますます重要性が高まるのは明らかでしょう。自分自身、新たな技術にキャッチアップするひとつの切り口としても、研鑽を深めたいと思います。

紹介した書籍

セキュリティ技術の教科書 (専門分野シリーズ)

セキュリティ技術の教科書 (専門分野シリーズ)

ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士 (情報処理技術者試験)

ポケットスタディ 情報処理安全確保支援士 (情報処理技術者試験)

2018年6月19日

会社の、継続力が特に高いふたりから話をたまたま連続して聴く機会があり、自分もちゃんとしないとなあと(この人生で何百回目で)思い、習慣リストを再構築して、まわしていくことにした。また、習慣を継続するには、なによりもまずお酒を飲む習慣をあらためないといけないと再認識したので、ひとりでいる時はできるだけ飲まないようにしよう。減量にもよいし。

社内のひととの話で得られたこととしては、福岡出張できているM氏とミーティングをしていて、目的としては彼のほうからの情報共有という感じなのだけど、基本的なことをきっちりやり、さらに高度な内容にも踏み込んで、かつ、高いビジョンをもってやっていっているのだなあというのがよくわかり、素晴らしいと思った。自分は、最近ちょっとそのあたりをサボっているように感じていたのだけど、実際その通りだなと反省。

2018年6月18日

社内の、VRやVTuber界隈についての識者5人ほどに、昨今の事情を聞いて回る。よくご存知の方々が普通にいて、面白い話を聞けるし、お得だなあ。そんなわけで、夜はVTuberについてあれこれ見ていたら飲みのお誘いをいただいて、池尻のKANへ。通りがかった時に気になっていたところだったのだが、すごくいい感じのお店で気に入った。

2018年6月17日

昨夜は夜遅くまでOculus Goで遊んでいて、昼前まで寝ていた。はずなのだが、起きてまたヘッドセットをしてジャックイン。その後、外に出たら、なんか視覚がおかしい感じ。焦点がややずれている感じがするのと、見えているものがちょっと非現実的なテクスチャを持っているように感じられる。やってみて思ったのは、現実感は視覚にずいぶん左右されるのだなあということ。ヘッドセットつけてなんかみているのに、普通に立って動こうとして周りにぶつかったりして、危ない。ずーっとVRの中にいたら、感覚が変わっていくだろうなあ。

お誘いをいただいて、熱海へ。新横浜経由、ひかりで。東横線で横浜までいってしまい、新横浜に戻るのに難儀したりしたので、むしろ新幹線に乗ったらビール一本飲み終わらない間についちゃって、近いなーと思う。熱海に降りるのは初めて。バブル後の景気が悪い時代のイメージがあって、寂れた印象しか持っていなかったのだが、駅前のモールには人がたくさんいるし、商店街もきれいだし、ずいぶん景気が良さそう。

知り合いのマンションは、昨年作られたという、リゾートマンション風のきれいなところ。マンションの共用の温泉があり、使わせてもらう。めちゃいいなあ。熱海では、マンションだけで建てるのは許可されていなくて、ホテルのスペースもつけて建てないとならないとのこと。それで、半分ぐらいはホテルになっている。ただ、入り口も共用スペースもホテルとは完全に別れていているそうだ。駐車場も逼迫しているとのことで、観光客がすごく来るんだなーと、あらためてイメージを覆される。

テラスの先の海を眺めながら、今朝方漁港で挙がったというイサキやアジ、カンパチなどのお刺身をいただきつつ、ひたすらビール。夜が更けてきて、花火大会を観に行く。熱海では、年中花火大会をやっているようで、面白い。部屋からもいい感じに見えるそうだが、せっかくだからビーチに降りたいし。それで、ビーチクッションを持ち出して、浜でビールの続きを飲みながら、花火を眺める。周囲にはひともたくさん。しかし、邪魔なほどいるわけでもない。めちゃめちゃ快適。熱海ヤバ過ぎるなー!

2018年6月16日

日比谷公園へ「今のAFRICA」へ。タイトルは仰々しい感じだけど、昨今流行りのフェスとして、とても楽しい。アフリカ各国のブースを見て回ったあと、エジプトの回転ダンスに驚く。その後、食べ物をだしているコーナーへ行き、ラクダ肉のステーキや、fufuという芭蕉や穀物からできた餅を入れたヤギ肉のスープ、ヤギや羊やらあれこれの肉やホルモンのごった煮などを食べる。アフリカの食生活に対する知識が全然なかったのだが、どれも旨くて、アフリカとはうまくやっていけそうだ。

その後、S氏と待ち合わせて野音で矢野フェス2018。参加メンバーがいい感じ。最近ライブはけっこう疲れるのだけど、最初から最後まで、めちゃいいテンションでいられた。その後、有楽町のなんとかいう店でフォーを食べて終わり。

帰宅して、Oculus Goで遊ぶ。昨日届いたもの。VRって、2年ほど前に秋葉原の店舗で試してみたことがあったぐらいでほとんど縁がなかったのだが、そういう自分でもパッと買っちゃうということ自体が、このデバイスのうごいところなんだろうなあ。むしろこれを入り口に、6軸のヘッドセットも買ってみたくなる感じ。そうなるとあれこれ投資が必要なのでハードルが高いけれども。早く、そのレベルのものがOculus Go並に手軽に使えるようになってほしいなあ。

自分自身はゲームをあまりしないので「わー、すごいなー」ぐらいで止めちゃうけど、未来はこの方向なんだろうなあというのはよくわかった。また、ブラウザのできも(入力さえまともなら)思いのほかよかったし、次世代の「スクリーン」はこういうものになっていくのだろうなあと実感。さらには、VRはもっと人々の共感を促進するようなものになってほしいなあと思う。ひとの見ている、感じている物事、嬉しさや痛みを共感できるようなものがほしい。

2018年6月15日

スパイラルホールで行われている「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展 帰国展」へ。キューバの現代アートなんて全然知らないので、それが紹介されている貴重な機会。とはいえあまり感心したというものがあったわけではなく、一通り眺めたという感じで終わってしまったが。

その後、夕食を発酵居酒屋5で。おつまみからメイン料理まで、発酵ものだらけ。もちろん、お酒も旨いものをそろえている。寺田本家の飲み比べセットは、五人娘よりもむしろ年季の入った酸味を感じさせるものの方が旨い。まだまだ食べたりないけどお腹いっぱいという感じだったので、また来たい。

2018年6月13日

書き物をして公表したり。

[asin:4004317215:title]』を読み始める。先日観に行った東美のプラド美術館展の監修もした方による伝記。まだ最初のほうだが、既に面白い。往時のセビーリャの豊かな様子や、徒弟制度についての契約書の実例を示しての説明など、周辺情報も興味深いところ。

Coinhiveを試用したことで警察から過剰な取り調べを受けたというエントリがあった。暗号通貨に関する盛り上がりに対するバックラッシュの一貫でもあろうと思う。また、警察やマスコミの、ITに対する無理解、というか、そもそも理解しようという気もないし、間違いを指摘されても「そんなん知らんがな」と訂正する気もない、ある種の精神分析の対象となるべき態度にも問題があると感じる。

一方で、CoinhiveがだめならWeb広告や負荷をかけるJavaScriptやFlashもだめという理屈は、前者には閲覧者のメリットがなく、設置者の善意もないという違いがあるわけだから、無理筋な理屈だと思う。Web広告がそもそも悪であるという考えを持っているひとはそう考えがちなんだろうけど、構成的にも経済的にも、まったく別の話だろう。それはそれとして、本件については酷い話だと思う。主観的な点でも、責めるべき法益侵害があったかどうかという客観的な点においても、取り調べは過剰だと思う。

2018年6月12日

就業後、メルカリさんで行われたHi-Etherミートアップへ。先日、社内で暗号通貨まわりに詳しいひととランチ勉強会したのと加えて、世界はどんどん動いているのに対して自分たちも遅れをとってはならないという気持ちをあらたにする。世間的には、もう下火なんじゃないかぐらいの感じだけど、あの界隈の熱気はまったくそんなことはないのであった。