Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2018年8月11日

江戸前鮨にハマりはじめたので、食べ歩きつつも、例によってまずは本読み。『旅する江戸前鮨 「すし匠」中澤圭二の挑戦』を読む。すし匠の中澤親方のハワイ出店の話を軸にしつつも、そもそも「江戸前鮨」とは何かという歴史的な説明を詳しく述べることで、中澤親方の思想をより立体的に描けていて、とてもよかった。江戸前鮨ってのは、場所や素材ではなく、手法なのだなあ。だから、ハワイでもどこでも、本来やれる。それを素材のせいにするのは、手法としての理解がないから。かっこよすぎでしょ。

夕方、弁天山美家古寿司へ。完成度の高い江戸前鮨。は〜、美味しい〜。

2018年8月8日

福岡出張2日目。さらに打ち合わせ。昼過ぎに東京へ戻ってさらにあれこれ。

いまいちパッといききれない日々が続いているのだが、たとえばセキュリティについていろいろとやれることがありそうなので、ここはいっそ覚悟を決めて、ちゃんと専門家といえるぐらいにガッツリやるほうがいいのではないかと思う。

2018年8月6日

自分は本当はもっとバンバンいったほうがいいのだろうな〜と思いつついききれないみたいなのもあり、ちと悩みどころ。物事を決することに関してはそれなりにやれると思うのだが、なんというか、もっと普段の態度というか、ちょっと語弊はあるけどキャラづくりみたいな話。ある種の殻みたいなのがあって、割っていかないとならないのかも。

夜は、会社の近くに見つけた「鮨 須賀」。本格的な江戸前鮨が、こんな気軽にいただけるなんて〜、と驚く。

2018年8月5日

谷中墓地の日暮里川付近の「薬膳カレーじねんじょ 谷中店」へ。いろんな薬味やスパイスたっぷりの特性カレーにしたのだが、猛烈に汗がでまくって大変。しかし、とても美味しい。帰りに、谷中銀座のひゃっこい祭りを少し見る。

ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber」をひたすら読む。「バーチャル」という概念について、少しづつわかっていく。これは自分の考えていることにとっても、重要な概念だと思える。さらに、月ノ美兎さんのまとめみたいなのを延々見る。面白い。

夜は、谷中銀座の「和味(なごみ)」で。美味しい〜〜。

2018年8月3日

症例でわかる精神病理学』の続きを読み、読了。ちとあらためてこの辺を見ていきたい感じ。その関連で『自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実 (ブルーバックス)』、『中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)』の他、「ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber」、「ユリイカ 2017年4月臨時増刊号 総特集◎縄文 JOMON」を購入。

寝る前に「[まとめ買い] ごほうびおひとり鮨」を読む。あちこちいってみたい。