Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年3月3日

東京マラソンの応援のため、三田駅周辺へ。雨降りで寒くて、選手はだいぶつらそうだったなあ。銀座の竹葉亭でうな丼を食べた後、懇親会へ。結果は残念だったが、スポーツを応援することの楽しみをあらためてしれたのは個人的にもよかった。

その後、家族イベントなど。

帰宅して、ワインを飲みつつ画像を作成したり、『日本を解き放つ』を読み終えたり。あと、GRIIIもRICOHのサイトから予約注文した。

2019年3月2日

昼過ぎ、国立劇場へ「浅草-祭礼行事と浅草寺の声明-」を観に行く。一昨年あたりから浅草近辺への縁ができてきて、あのあたりについて気になっていたところなのだが、国立劇場で神事奉納にまつわる芸能を総覧できるということで、うれしい。冒頭の「木遣り」から始まり、浅草あやめ連や巫女さんによるパフォーマンス、神事びんざさらの日本の古層を感じさせる獅子舞、白鷺の舞と金龍の舞のエンターテイメントぶりにひたすら感嘆した後、1時間もの法華八講。とても楽しめた。

ちょっとだけ半蔵門あたりを散歩した後、ヤマヤでワインを2本買い、「マザーインディア 半蔵門駅前店」でインド料理とスラ・ヴィンヤーズのマリアージュを楽しんだ。

2019年2月28日

福岡出張2日目。出張の主目的である、L社さんの北九州オフィスの開所関連イベントとパーティのため小倉へ。博多から15分ほどで着くのすごい。かしわうどんを食べてから会場入り。

終わって、博多へ戻り「シロヤ」でサニーパンを買う。練乳が、樹液のようにパンから漏れ出している。禁断の味。2個一気に食べつつ、1月に引続きOPIUMへ。お酒の話で盛り上がる。楽しいなあ。肉肉うどんを食べた後、春吉のBAR LATOでワインの続き。さらに、GOSSIPでワインとシーシャ。

2019年2月25日

日経新聞社が新しく始めたアプリSOLMUを使い始め、メンター募集と書いていたらメッセージをいただいたので、さっそくお会いしてみた。話が面白いひとで、すごいなあとただただ感嘆。

夜は、書こうと思っていたコードが、あまりにも厳しい感じだったのであきらめて、ギガルのコード・デュ・ローヌ・ルージュ2014年を開ける。

パソコンいじったり本を読んだりしながら、同時にうまい酒を飲みたいということがある。ひとと一緒ならいいけど、ひとりで酒を飲んでいると、酒自体は旨いけれども、時間の使い方としては非効率だったりする。現状、それを回避するには、うまい酒を買って家で飲むか、ホテルに泊まってルームサービスを頼むとかするしかない。そういうのができる店があるといいと思っている。

普通のバーみたいなところだと本を読むのはまだしもパソコン開くのは(常識的に考えて)厳しい。カフェでは作業はできるが、飲食物(特にお酒)に難がある。作業もできるんだけど、旨い酒を飲めるスペースを、それなりにお金とって運営するとよいのではないか?と思うけど、たいていのひとは酒飲んだら作業できないから、使われないだろう……。

2019年2月24日

だいたい年に1度ぐらいで集まって飲む、奄美の同級生2人と渋谷近辺飲み。まずはシノワでワインを飲みつつランチ。ランチコースに1,800円プラスすると、赤・白がそれぞれ3種類飲み放題。しかも、良い感じのセレクトで、とても美味しいものばかり。これはお得過ぎる……。普通に出されるだけでも、1杯目のシャンパーニュと合わせると7杯出てくるから、少しおかわりしたら、ボトル1本分ぐらいすぐ飲んでしまう。

だいぶ飲んだので、酔い覚ましに散歩。原宿方面へ。キャットストリートから、裏原あたりまで。適当に店に入ったりなどしながら歩いていく。Deus Ex Machina HARAJUKUで休憩。以前から入ってみたかったお店。自由な感じだなあ。かっこいい。そこで、しばらくだらだらおしゃべり。さらにもと来た道を戻りつつ、今度は青山の方へ歩いていく。生きたかった店がしまっていたので、「中国茶房8青山店」で夕食。北京ダックなど、たくさん食べた。

画像を作成。

2019年2月23日

新宿伊勢丹で行われている「世界を旅するワイン展」へ。すごい人だかり。まずは一通りめぐってみて全体像を掴んだ後、Berry Bros. & Ruddが出しているバーでイギリスのスパークリング飲み比べセットを飲んだり、マデイラワインのショップでさらに飲み比べセットを飲んだり。出店しているお店がそれぞれに珍しいものをたくさん持ち込んでいて、天国。15本ほど買って、今晩飲む1本以外は郵送。ワインという楽しみを持ってよかった。

西麻布のKANA KAWANISHI GALLERYで行われている片桐飛鳥展と、トークショーを観にいく。主観をできるだけ消して、人間の眼には見えないものをカメラを使って見えるようにするという話がとても共感的。さらに、そういうことができるために、逆説的にトレーニングを積む必要があるという話も面白い。

乃木坂の方へ歩きBooks & Modernへ寄ったあと、トゥーランドット臥龍居で夕食。ここに来るのは2回目だが、やはり美味しい。帰宅して、今日買ったワインを飲む。CASTILLO DE ENERIZ CRIANZA 2013は、テンプラニーリョのオイリーさと、カベルネ・ソーヴィニヨンとガルナッチャの果実味、タンニンが相まって、非常に複雑かつ長い余韻を持った素晴らしいワイン。これまた、先日のスラ・ヴィンヤーズのものとは違う意味で、衝撃的。