Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年6月20日

経営合宿1日目。千葉の横芝にあるコテージ村みたいなとこで。近くの田んぼをのぞいていると、サワガニ、タニシ、メダカ、アオガエルなどなどいろいろいて、あんまりそういうのに縁がないので、ティピカルな風景があまりにもティピカルで、それはそれで不思議な感じ。

一日あれこれ話して、夜はバーベキュー。今回はあまり飲みすぎずに、2時前には就寝。

2019年6月19日

Facebookを中心としたグループによるLibraが発表された。目新しいところが多くあるわけではないが、実際に大きく広がっていくかもしれないという期待感がある。一方で、そういう「通貨」がグローバルに使われるようになった時に、特にサイトでも謳っているunbankedな国々において、むしろ経済政策がとれなくなるというデメリット、すなわち国家機能の毀損が起こりそうで、そのあたりをどう考えたものか?という気もする。

2019年6月16日

指宿から鹿児島市内に戻り、天文館むじゃきで白熊を食べる。さらに北上して、霧島アートの森へ。めちゃめちゃ遠い……。ようやっとついてみたら、空気は冷涼で気持ちがよく、建物も庭もとてもよい。ここでもまた、中原慎一郎さんの企画。いいものがたくさんあって、ほしい!という気持ち。収蔵品の展示もよい。特に、オノ・ヨーコさんの作品がよかった。さらに、しばらく庭を散歩。

機内で『自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く』を読む。非常に面白い。

帰宅した後、画像をいくつか作成する。

2019年6月15日

今日から宿を変えて観光モード。まずは仙巌園へ。島津家の別邸。あいにくの雨ではあったが、幕末から明治にかけての島津家の暮らしぶりや、現在の島津家はなるほどこういうのを商売にしているのだなあなどということをしれたのでよかったなあ。

さらに、しょうぶ学園へ。知的障害者の福祉施設なのだが、利用者の創作意欲をモチベートし、プロデュースすることでアート作品として仕上げ、展示や販売、出版企画など、様々な形でアウトプットしている面白い場所。さらには、園内を開放し、飲食店やギャラリーは一般客も入れるようになっている。

哲学的な意味でも、ある種の「知的障害」について興味をもっているところなのだが、それはさておき、これまでずっと「清貧」を強いられてきたこのような施設において、高いプロデュース能力により、付加価値の大きなアート事業を行うというのは、とても貴重な取り組みだなあと思う。素晴らしい。うつわや機関誌などを購入。

中原慎一郎さんによるGOOD NEIGHBORSのショップへ。ちょうど、篠崎理一郎さんの個展も開催されていて、よかった。いいものがいろいろおかれていて、あれこれほしくなる。が、荷物になるので小さな林檎のオブジェだけ買った。

今日の宿は指宿白水館。砂むし温泉を体験し、黒豚しゃぶしゃぶを食べて満足。

2019年6月14日

東京にいるのとあんま変わらない感じで仕事。昼にいった金斗雲というラーメン屋さんが、非常に美味しかった。

今晩は宿を変えて、サンロイヤルホテル。鹿児島県出身としては、CMの曲をいまだに憶えている。昭和的なホテル。夕食は魚庄で、首折れ鯖などたくさん食べる。旨い。