Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年5月6日

昼過ぎ、ちょっと仕事をしようと渋谷まで自転車ででかけたところ、入館証を忘れてしまっており入れず。しかたがないので、気になっていたあたりをうろうろ散歩しつつ帰宅。家で少しやってから、エノテカへ。めぼしいものを買って、その場でチーズをあてに飲みつつ、『スーザン・ソンタグの『ローリング・ストーン』インタヴュー: ローリング・ストーン・インタビュー』を読了。帰宅して、Kが作ってくれたカレーを食べる。その後、NewsPicksの宮台さんらが出演したWeekly落合を観る。

これまで引っ越しのときには本をほぼ処分してきたのだが、今回は全部そのまま移動した。本棚にならべている中で、こんまりメソッドに基づいて、Spark Joyを感じない本は処分しようと思っていたのだが、しかし、たいていの本はその時々の興味に基づき、それなりにまっとうなものを選んで買っているのであるから、いまでも普通にときめきを感じてしまうのであった。

そのため、ときめきを基準にするのではなく、資料的な参照性があればいいものなのか、紙であることが重要なのかでわけることにした。前者は、マネジメントやサイエンス系の本で、読むというよりは、必要なときに検索できればいいもの。後者は、文芸やアート系のような、じっくり読んだり眺めたりして楽しむようなもの。今回新たに買った本棚を物理的な制約にして、後者のものだけを厳選して残すようにする。前者については、ブックスキャンに送る。

スーザン・ソンタグの本を最近いくつか久々に読んで、やっぱりこのひとはすごいしかっこいいなあ、こういうひとになりたいなあと思う。自分の行動にたいしてもっと統制をかけて、よりよいインプットとアウトプットを、より多くできるような仕組みをつくっていかないとなあと思う。そのためには、アウトプットの仕組みをもっとシステマティックにしていく必要がありそうだ。