Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年5月8日

福岡出張1日目。

行きの道すがら、『フューチャー・プレゼンス 仮想現実の未来がとり戻す「つながり」と「親密さ」 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)』を読む。VRによって、プレゼンス(=存在感、実在感)が、ロケーションにかかわらず実現できるようになったことで、これまでは理性的な「共感」にたよるしかなかったところが(それ自体も難しいのだが)、より身体的な「親密さ」を感じられるようになるだろうというように僕の関心からは読める。すなわち、ローティ的な「共感」から、より強いVR的な「親密さ」による連帯の可能性みたいな話。

共同研究先のみなさんと合流して、夜は「弁天屋」であれこれおしゃべりしながらの飲み。からの、「鳳凛」のラーメンで〆。