Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年8月3日

TOELF受験のため池袋へ(2週間ほど前に受験を思い立って直近の会場を探したら池袋だったため)。TOEICとは会場入りの手続きが全然違っていている。受験、パソコン使ってできるのは非常によいなあ。周囲の音が気になるというのはあるが、まあスピーキングやる以上はしかたない。しかし、最初にマイクチェックするのだが、みんな一様にI live in Tokyoを何度もくりかえしていて、そういう慣習があるのかと思ったり。

テストは思いのほかリスニングのボリュームが大きくて、リスニングパート以外にも、スピーキングもライティングも、結局リスニングがちゃんとできていなければ回答をまとめられない。リーディング、リスニングはまあまあできたとして、スピーキングとライティングは全然だったなあ(特にスピーキング……)。だいぶできなかったので、かえって「やるしかない」という気持ちになれたのはよかった。

コンフォートゾーンをけるために、新しいことをやるというのはよいことであるのは前提として、さらによいのは定量的に自分のできなさを示されることだと思っている。たとえばテストや検定がそうだし、最近取り組んでいるのだと競技プログラミングも。自分でどう解釈してもできなさが客観的に示されるので、やるしかないという気持ちになる。

帰宅して、しばらく『プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?』を眺めていたら眠くなってきて、6時間ほど寝てしまっていた。起きて、NewsPicksで始まったコインチェック創業者2名のインタビューを観る。こうしてインタビューに答えられるような状況になってよかったなあと思う。