Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年9月9日

台風は過ぎたものの、その余波で電車が止まったりして大変だった日。全社的に昼から出勤ということになり、自分も昼まで家で仕事して午後から出社するようにしたのだけど、それでも山手線がヤバい状況で、バスを使って渋谷まで予定のギリギリにたどり着いた。長い路線は倒木等で災害のタッチポイントが多くて、首都機能は脆弱性が高い。それはもうしかたないので、柔軟に生産性を維持できる仕組みの方が重要だろう。

こういう日のTwitterは、「こんな日に出勤させる会社はだめ」的な言説にあふれかえる。自分の関係することならともかく、ひとの会社にそういうヘイトを撒き散らしているようでは、社会的な分断を生むだけだろう。そういうひとが、電車が止まっていることに文句をいっているとしたら、なおのことである(電車会社のひとはこんな日に出勤していて「だめ」ということになる上に文句もいわれることになる)。一見リベラルな態度が生む分断。最近そういうの多いよなあ。

夜は、Kubernetesの勉強で『Kubernetes実践ガイド クラウドネイティブアプリケーションを支える技術 (impress top gear)』を読了した後、同僚のK氏が焼肉に行きたいというので恵比寿のKintanへ。白金の本店の方にだいぶ前から行きたいと思いつつ行けてなかったのだが、当日の直前にも関わらずすんなり予約が取れたのでよかった(これも台風の余波なのかも)。肉もワインもいい感じで、楽しめた。新しく入社された方もいらっしゃって、よかったのではないか。

新しく作ろうとしているプロダクトについて、作るものはさておき、ずいぶん複雑なものになることは目に見えているので、勉強がてら、先を見据えたアーキテクチャにしておければ、と思って勉強しているところ。ある程度見えてきたところはありつつ、いきなりオーバースペックなものにしてもしかたないので、そのあたりのバランスの見極めが肝心かなと思っている。いい落とし所を見つけて、どんどん作っていく。

イタリア語の勉強を始めたのだが、Duolingoでやろうと思って、Duolingoを再開。広告が、以前に比べてめちゃintrusiveな感じになっててウザすぎるので、課金した。