Kentaro Kuribayashi's blog

Software Engineering, Management, Books, and Daily Journal.

2019年12月23日

朝、書き物。きりのいいところで終えて、出社。面接やミーティングなど。なんか頭があんまり回ってない感じがする。文章も、話すことも、パシッと決められずに冗長な感じ。夜は、会社の有志で競技プログラミングコンテスト。やっぱりちょっと頭使う感じの問題になると解けないので、壁があるんだよなあ。そういうのは、あんまがんばって考えてもどうしようもないので、勉強しないと超えられなさそう。時間取ってやらないとなあ。

世界標準の経営理論』を少し読む。前著から続いて、理論こそが実務家にとっても役に立つという信念は変わらず、紹介される量がボリュームアップ。説明もわかりやすく、とてもためになるなあ。また、経営学史の本としても面白い。さらに、丸山宏『新 企業の研究者をめざす皆さんへ』を読む。現PFNフェローの著者が、IBM時代からの経験に基づいて企業における研究者のあるべき姿を説く本。読んでいて、IBMぽい感じのハードコアさもあったりして、興味深く思ったり。

なんか時間をちゃんと使えてない、というか、生産性がだいぶ下がっている感じがするので、あらためていろいろ見直して、やるべきことをテキパキ進められるようにしていかないと……。研究も少しづつでも進めていこう。しかし、ここ一週間は、ちょっとふわふわしている感じ。どうもうまくタスクに取りかかれないように思える。アンカリングを改めて整理して、進めていけるようにしないとなあ。